CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 67年目の終戦記念日 | Main | ご入会希望の皆様へ »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
硫黄島の遺品[2012年08月22日(Wed)]
硫黄島の遺品


先日、小笠原諸島の硫黄島(いおうとう)で戦没者遺骨収集をおこなっていた「硫黄島協会」の収集団が、ある遺品を発見しました。

その遺品とは、当時の指揮官であった栗林忠道中将が大本営に宛てた最後の電文(決別電文)を発信したとされる無線機です。

硫黄島は管政権当時に発足したチームにより、戦没者帰還事業がおこなわれています。

島全体が火山で、硫黄ガスがいたるところで噴出しており、作業は困難を極めます。

そしてそのガスの影響により、御遺骨も痛みが早いため、政府には急いで作業をおこなっていただきたいと思います。


当時、持久戦に備えて島の地下には総延長18KMにも及ぶ地下陣地が構築されており、すべての地下壕を捜索するのはなかなか困難なようだが・・・。


私たちも沖縄で活動中によく無線機の残骸を発見します。

真空管や電子部品が多く出てくるが、沖縄の場合、それらの多くは火炎放射器により原型をとどめていません。

私は、遺品は当時の人々が私たち未来の現代人に残したメッセージが込められていると考えています。

みなさんには彼らが守ろうとしたもの、それが何なのかをじっくり考えていただきたいと思います。


musenki.jpg

今回発見された無線機

この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/77
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml