CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« うれしいメール | Main | 兵庫県姫路護国神社秋季大祭 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
どうしても間に合わせたい[2011年10月31日(Mon)]

どうしても間に合わせたい


昨日、沖縄県でお世話になっている国吉勇氏よりお電話をいただきました。

以前よりホームページや当ブログでもお伝えしている、「木下勇吉」さんの万年筆の件です。

木下勇吉さんの情報は、私以外に、国吉氏と長年お付き合いがあり共に遺骨収集をされてきた小倉暁氏(70)が調べてくださり、かなり有力な情報を入手していました。

小倉氏は元自衛官で、木下勇吉さんの配属部隊などをもとに防衛省へ掛け合い、御遺族を探し当てました。

木下勇吉さんの御遺族は鳥取県境港にお兄様の奥さまがただ一人御健在とのこと。

御遺族はぜひともと返還を望まれているが、なにぶん御高齢であり(90歳になる)取りに行くことや慰霊参拝はできないと言います。

来月半ばに御家族の法事があるらしく、それまでに木下勇吉さんの万年筆をお返し出来ればと思い、現在沖縄の国吉氏と小倉氏と調整中です。

御遺族は法事までとのこだわりがおありのようで、もしかするとお兄様などが沖縄戦でお亡くなりになった弟の勇吉さんのことをずっと気にかけておられたのかもしれません。

あと、勇吉さんが戦死されたとされる場所が、万年筆が発見された場所より約2キロほど離れていることもわかりました。

では、なぜ万年筆がお亡くなりになった別の場所から発見されたのであろうか?

我々は、そのことも調査中です。

万年筆をお返しする日までに、木下勇吉さんの正確な命日とともにお調べ差し上げたいと考えています。

ちなみに、木下勇吉さんは、24歳という若さで戦死しています。

階級は陸軍伍長でした。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/50
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml