CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 沖縄慰霊の日 | Main | 平成28年 沖縄遺骨収集活動 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
進まぬ遺骨収集[2014年06月24日(Tue)]
進まぬ遺骨収集


今日の産経新聞にこんな記事が載っています。

終戦から69年。
あまりにも遅い対応です…。

今を生きる未来の私達の為、捨て石となり散華された方々を今の今まで放置するような国が、果たして良い国でしょうか?
あの戦争は日本の総力戦でした。
そんな大変な戦をした国は、そんな大変な目にあわせた人々のご遺骨をほったらかしにしてきたのです。

結局政府は収集はボランティアに任せて、自分たちは「海自が行くついでがあるから運搬だけはする」ってことですかね…?
おかしな話ですよね…

◆産経新聞より◆
『自、収集遺骨を日本へ 9、 10月 ガダルカナル島から』
産経新聞 6月24日 7時55分配信

海上自衛隊が、 政府が戦没者慰霊事業として実施している遺骨収集事業に初めて協力する方向で調整を進めていることが23日、分かった。
遠洋練習航海に出ている部隊が9、10月、先の大戦の激戦地だったソロモン諸島のガダルカナル島から日本に遺骨を輸送す る計画で、遺骨収集事業に政府全体で積極的に取り組んでいる姿勢を示す。

海外戦没者の遺骨収集作業は昭和27年度に開始。
これまでに海外戦没者約240万人のうち約127万柱を収容している。
だが、遺骨情報が少なくなってきているフィリピンやインドネシアなどの南方地域では収容が進んでおらず、平成18年度以降は民間団体の協力を得ながら収集作業を実施している。

一方、海自は幹部候補生学校を卒業した初級幹部らを対象にした半年間程度の遠洋練習航海を毎年行っている。

今年は練習艦「かしま」など3隻が5月に日本を出国。
太平洋を周回する形で米国やパナマ、オーストラリアなど13カ国に寄港し、10月24日に帰国する予定だ。

練習航海では9月19、20両日にガダルカナル島のホニアラに立ち寄る予定で、政府や民間団体が同所で遺骨収集事業を実施する時期と重なったため、海自艦艇で集めた遺骨を日本まで運ぶ計画が浮上した。
政府内の調整で、防衛省は「協力できることは協力したい」と前向きな意向を示している。

自民党は遺骨収集事業を「国の責務」と位置づけ、外務省や防衛省の協力義務を定める議員立法を秋の臨時国会に提出する方針で、今回の海自の協力をモデルケースとしたい考えだ。

ガダルカナル島では、先の大戦で米軍と激戦を繰り広げた旧日本軍の2万人以上が戦死した。政府は昭和29年度以降、約1万5千柱を収容している。

20140624-00000071-san-000-5-view.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/130
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml