CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 代表が変わりました | Main | 進まぬ遺骨収集 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
沖縄慰霊の日[2014年06月23日(Mon)]
沖縄慰霊の日


今日6月23日は沖縄戦で犠牲となられた方々を慰霊する日です。

美しい海や観光だけではなく、若い方にもっと沖縄の歴史をしっかりと見つめていただき、命と平和の尊さ、そして、戦争の恐ろしさと愚かさを考えていただきたいと思います。

毎日新聞より記事を転載します。
ご覧ください。

<沖縄慰霊の日>69年経て死 の証明 戦没者礎に刻銘

毎日新聞 6月22日 23時17分配信

沖縄戦の戦没者名を刻む沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の「平和の礎(いしじ)」には今年、54人が新たに刻銘された。
その中の一人、仲村貞雄さんは戸籍上、行方不明扱いになっていたが、東京に住むおいの会社社長、仲村重信さん(39)が 死亡証明に奔走。
戦後69年たってようやく刻銘を果たした。
重信さんは「慰霊の日」の23日、伯父の名を見届けに親戚と礎を訪れる。

貞雄さんは沖縄本島北西部の本部(もとぶ)町出身。
親戚らによると、1945年4月、町内の自宅敷地内の壕(ごう)を出た後、米兵に見つかって銃殺されたという。
16歳だった。

戸籍は戦火で消失。
仲村家には貞雄さんの位牌(いはい)があるが、戦後戸籍を復元する際に貞雄さんが亡くなったという情報が伝えられず、行方不明扱いになっていたとい う。

2年前のお盆に帰省した際、そのことを知った重信さんは「亡くなったのに戸籍が残っているなんて本人も嫌なはず」と伯父の死亡の立証に乗り出した。
2カ月に1回のペース で沖縄を訪れ、伯父の生家周辺の住民から貞雄さんが亡くなったという 証言を得たり、親族の戸籍を取ったりして、昨年9月に死亡届が受理された。

重信さんは「ようやく伯父の供養ができた。天国で喜んでくれているでしょう」と話した。
一方、資料集めの過程で他の親戚についても二重戸籍などの不備が見つかったといい 「戦後の混乱で情報が錯綜(さくそ う)し、伯父や親戚と同様のケースは少なくないと思う。その整理は我々の世代がするべき戦後処理だ」 と話した。

沖縄戦戦没者を巡っては戦中戦後の混乱による戸籍焼失や死亡証明がないなどで平和の礎に刻銘されていない例があり、遺族の申請などがあれば追加で刻銘している。
また、遺族の希望で削除される刻銘もある。

【福永方人】
タグ:沖縄戦 戦争
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/129
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml