CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 重要なお知らせ | Main | 昨日の夕刊より »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
会員の声[2014年03月20日(Thu)]
会員の声


今回も活動にご参加いただいた大阪府の中村尚司さんは大阪府立高校の教員で、本会が以前一般募集で参加者を募って活動したとき初めて遺骨収集活動をおこない、沖縄の現実を目の当たりにし、それ以来この活動を熱心に続けるとともに、インターネットを通じてこれらの現実を多方面にわたり発信してくれています。

そして職場の学校でも沖縄の現実や戦争の愚かさを生徒と話し合い、命の尊さを生徒とともに考え伝えてくれている、本会では最も古く熱心で有望なメンバーのひとりです。

活動の最中は真剣な眼差しで黙々と掘り続ける一方、結構おちゃめな一面もあり、周りを明るくしてくれるムードメーカーでもあります。

そんな中村さんより、今回の活動のご感想をいただきました。



「遺骨収集は今回で三回目になりますが、続けていくこととこの現状を伝えていかなければならないと思いました。

自分は初めて参加するまでは、沖縄戦と今の現状について全然しりませんでした。参加してみて、あまりにも知らない自分が恥ずかしくなりました。また、沖縄戦はもう歴史のもの。遠い過去だと感じていました。
若い世代は風化していると思います。戦争を体験していない若い世代がしっかりと引き継がなければなりません。だからこの活動を続けていく必要があると考えました。

毎回参加していつも思うことは、遺骨が見つかったとき、明るい場所にでてこられて本当に良かったなと思います。
この体験を日常の生活に戻っても、忘れずに伝えていきたいです。

中村 尚司」

2014okinawa 042.JPG

壕内部から出た余分な土を、すさまじい馬力で掘り返す中村さん


中村さん、至らぬ点も多いかとは思いますが、懲りずにまた一緒に頑張っていきましょうね。本当にありがとうございました。そして、おつかれさまでした。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/125
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml