CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 沖縄慰霊の日 | Main | あなたはどう思いますか? »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
戦没6万331人分を名簿に[2013年08月14日(Wed)]
戦没6万331人分を名簿に



大東亜戦争(太平洋戦争)時には多くの商船や輸送船も攻撃対象となり、海の藻屑と消えてしまいました。
海没した船や航空機からは、ご遺骨はもとより遺留品すらも収容することは難しい場合が多いのです。
しかし、こうした悲劇が繰り返されないためにも、今を生きる私たちが忘れず、語り継ぐことが必要ではないでしょうか。



毎日新聞の記事より


闇に沈んだ船員に光。
神戸の資料館、戦没6万331人名簿に。5年かけ来月完成


 太平洋戦争中に徴用され、撃沈された民間船などの資料を集めた「戦没した船と海員の資料館」(神戸市中央区)が、戦没した船員の名簿6万331人分のデータベース化を進め、9月に完成する見通しになった。ばらばらだった記録を体系的にまとめる作業で、5年前から始めた。その過程で、輸送船の犠牲者が従来把握されていたより数十人多かったことが判明するなど、埋もれた歴史に光があたり始めた。【石川貴教】

 戦没船員の情報はこれまで、船舶関連団体などによる公益財団法人「日本殉職船員顕彰会」(東京都)の資料など膨大な名簿の中から、本籍地や氏名を頼りに探していた。しかし、本籍地が不明だったり、氏名の読み方が分からない場合があり、遺族が探すのを諦めるケースもあった。

 そこで、同資料館が2008年から、同顕彰会の資料を基に、船員の氏名を50音順にリストアップ。▽生年月日▽没年月日▽死亡場所▽船名や職名▽本籍地▽遺族の名前と続き柄−−について蓄積した資料と照合して一人ずつ事実関係を確認しながら整理している。現在、スタッフ5人が作業している。

 新たな発見があったのは、1944(昭和19)年11月17日、米潜水艦の魚雷で撃沈された輸送船「摩耶山丸」。陸軍に徴用され、フィリピン・レイテ島に兵員や物資を運ぶ途中だった。船の所有会社の資料では、戦没船員は55人とされていたが、同資料館のまとめ作業で、他に数十人の船員が戦死していたことが分かった。調査の結果、「乗船していた4000人以上の兵士の食事を担当した人」と推察されるという。

 他にも、船名の誤植や、沈没時期と船員の没年月日の食い違いも見つかった。遺族の項目に同じ女性が「妻」「母」の続き柄で何人分も並ぶケースもあり、スタッフの大井田孝さん(71)は「家族を何人も亡くしたのかと思うと、やるせない気持ちになった」と打ち明ける。それでも「データベース化が、新たな歴史が分かるきっかけになれば」と話す。問い合わせは同資料館(078・331・7588)。



戦没した船と海員の資料館


 太平洋戦争で国に徴用されたり、物資を戦地に運ぶなどして撃沈された民間船とその船員の資料館。生き残った船員や遺族でつくる「戦没船を記録する会」が約6年かけて収集した資料の寄贈を受けた全日本海員組合(本部・東京都)が、2000年に関西地方支部所有の海員ビル(神戸市中央区)にオープンさせた。犠牲になった船の模型や写真、図面などが展示されている。入場無料。


タグ:戦争
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/111
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml