CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« あなたはどう思いますか? | Main | 終戦から68年経ちました »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
終戦68年 参列予定の妻は過去最少[2013年08月14日(Wed)]
終戦68年 参列予定の妻は過去最少


戦没者御遺族も年々ご高齢になり、遺留品返還も難しくなってきております。
私たちも1日でも早く御遺族にご遺骨や遺留品を返還できるように努力するとともに、過去の歴史の1ページとして忘れ去られようとしている戦争の惨劇を後世に語り継ぎ、命と平和の尊さを伝えていかなければなりません。



毎日新聞の記事より


<全国戦没者追悼式>終戦68年 参列予定の妻は過去最少

 
 68回目の終戦記念日となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれる。天皇、皇后両陛下をはじめ安倍晋三首相、99歳から10歳までの遺族ら約5800人が参列する予定。日中戦争と第二次大戦で犠牲になった約310万人を悼み、平和への誓いを新たにする。

 厚生労働省によると、参列を予定する遺族約4800人のうち、戦没者の妻は16人(0.3%)と、統計が残る1981年以降最も少ない。父母の参列予定者は3年連続で0人で、遺族の高齢化が年々進んでいる。一方で戦没者の子は3100人超と約3分の2を占めている。

 式典は正午前に始まり、安倍首相が式辞を述べた後、正午に全員で黙とうする。天皇陛下のおことばに続き、衆参両院議長や遺族代表らが追悼の辞を述べる。

 15日は全国36都道県で関連行事があり、厚労省のまとめでは約4万9000人が参加を予定している。

【遠藤拓】


この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/110
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml