CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 平成25年 沖縄戦戦没者遺骨収集活動 4 | Main | 平成25年 沖縄戦戦没者遺骨収集活動 6 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
平成25年 沖縄戦戦没者遺骨収集活動 5[2013年02月13日(Wed)]
平成25年 沖縄戦戦没者遺骨収集活動 5


慰霊祭。

今回の4日間の活動でお迎えした御遺骨を並べて、最後に慰霊祭をおこないます。

この日までにお迎えした御遺骨は、土のう袋8袋にもなります。

まずは土のう袋をきれいに敷き、御遺骨を素手でだいたいの部位ごとに丁寧に並べていきます。

2013 okinawa 170.jpg


2013 okinawa 169.jpg


2013 okinawa 182.jpg

壊さないように丁寧に素手で並べていく


茶色っぽい御遺骨とコケが生えたようで白っぽい御遺骨があるのがおわかりでしょうか?

茶色の御遺骨は地中に埋まっていた御遺骨で、コケが生えたようで所々緑がかって白っぽい御遺骨は、地表に転がっていた御遺骨です。

沖縄戦から68年近くも経っているにも関わらず、並べ終わって改めて見ると御遺骨の多さに驚かされます。

御遺骨をひとつひとつ並べながら、68年前にここでどのようなことがあったのかを考えると目頭が熱くなってきます。

遺骨収集活動のなかでも、一番悲しく辛い瞬間です。

すべての人が無言で御遺骨を並べていきます。

これが、沖縄の現実なのです。


並べ終わるとろうそくを灯し各自線香をお供えし、戦争終結の報告と哀悼の誠を捧げます。

中には涙をこらえきれずに、車のところまで行き涙をぬぐう方もおられました。

2013 okinawa 174.jpg


2013 okinawa 173.jpg


今回お迎えした御遺骨の中には、1歳にも満たない子供の御遺骨や、3〜4歳くらいの子供の歯も多く含まれていました。

2013 okinawa 179.jpg

子供であろう御遺骨を手に語りかける正木氏


慰霊祭が終わると、国吉氏がメンバーを集めて人間の骨格について講義をしてくださり、みなさん聞き入っていました。

2013 okinawa 187.jpg


2013 okinawa 183.jpg


2013 okinawa 191.jpg

参加者に講義する国吉氏


2013 okinawa 186.jpg

顎と頭部を合わせて確認するメンバー


すべての御遺骨を前に、平和のありがたみと命の尊さ、そして戦争の惨劇と沖縄の現実を目の当たりにしたメンバーたちの気持ちは、活動を始める前とは明らかに違うものになっているのが感じ取れます。

このあと全員で頭から足の骨までを一柱として、二柱を一袋にして袋にお納めします。

結果、今回お迎えできた御遺骨は十六柱にもなりました。

2013 okinawa 195.jpg

二柱ずつ丁寧に袋に納めていく参加者


このあとこれらの御遺骨は、何人分の御遺骨であるかを調べるために、とりあえず沖縄県平和祈念公園内の仮安置室へ納められることになります。

その後、荼毘に付され、納骨されることになります。



これをご覧の方々はここで見たことをご家族や知人にお話ししてください。

そして、命について話し合ってください。


普段の生活ではありえない現実を肉眼で見る。
そして、他人の骨を素手で触り感じることなど、一生のうちにまずありえないことでしょう。

メンバーは貴重な時間と旅費などを使い、沖縄戦でご親族がお亡くなりになったわけでもなく、子供たちに命の尊さや「人」としてのありかたを伝えたいとか、忘れ去られようとしている戦没者たちのために何かできないかと思い集まった方々です。
遺骨収集活動はかなりの重労働で精神的にも過酷であり、これをすることによりだれかが得をするものでもありませんが、参加者の方々の熱い思いを知ってください。

沖縄の暗く冷たい山野に眠る御遺骨は、まだまだ数え切れないほどあります。

さらには、海外に眠る戦没者は百万人を超えるといわれています。

土に埋もれ、誰の目にもつかず誰からも忘れ去られた彼らの戦争は、まだ終わってはいないのです。

2013 okinawa 175.jpg


平成25年沖縄戦戦没者遺骨収集活動 おわり



この度の活動にご協力いただいた、国吉さん、浜田さんご夫妻、正木さん、本当にありがとうございました。
また、今回ご参加いただいたメンバーの方々もありがとうございました。
そして、お疲れさまでした。
本当に感謝しております。            



この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/101
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml