CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人 IOBスポーツ推進事業団

熊本県内で活動しているスポーツ・福祉のNPO法人。
IOBスポーツ推進事業団の活動報告と、イベント情報などを掲載したものです。


<< 2015年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

IOBさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大江 律子
プール監視申込み (05/28)
熊本市立池田小学校 松本ゆかり
平成22年度夏休みプール監視申込み用紙 (04/01)
伊住 芳子
夏休みプール監視について (03/18)
福島貴志
プールを回りながら (08/16)
花丸
プールを回りながら (08/12)
福島貴志
川上小学校のプール開放終了 (08/10)
川上小学校PTA会長  森田欽也
川上小学校のプール開放終了 (08/10)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/iob/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/iob/index2_0.xml
リンク集
居宅介護・重度訪問介護事業所ネットワーク総会 [2013年05月22日(Wed)]
003.JPG熊本市居宅介護・重度訪問介護事業所ネットワーク総会が熊本市大江にある熊本市市民活動センターあいぽーとで行われました。来賓として熊本市障がい保健福祉課の進士課長もお忙しい中ご参加頂き、お話をして頂きました。今年度より難病の方が障害福祉サービスとして利用できるようになった事や平成26年度より重度訪問介護の拡充等が検討されている状況等もお話して頂く中で、熊本市における在宅支援の中核を担う訪問介護事業の役割が増えてきます。今後も各事業所と連携を図りながら、職員の質の向上を図り、利用者が安心して暮らせる環境を整備していかねばなりません。
総会においては、平成24年度の活動報告及び収支決算が承認され、その後本年度の計画及び収支予算について、協議が行われました。
この会の大きな役割として、事業所間の情報共有を行うと共に、職員研修が求められているのかもしれません。各事業所の課題を共有しながら会の活動が行われればと感じています。

004.JPGさて、昨年10月から始まった計画相談事業。今年の4月から居宅介護、重度訪問介護の方が対象となってきます。将来は全サービス利用者が対象となるわけですが、その勉強会として、相談支援センター絆の平田さんをお招きしてお話をして頂きました。
相談支援センターの仕事と、計画相談の仕事について、現在の課題とこれからについて学ぶことができました。私たちは直接支援を長年行っている中で、当事者の状況をよく理解している部分も多いと思います。当事者にとって、必要な支援と目標を相談支援事業所と連携を図りながら、その情報を共有して支援にあたることがもっとも必要な事のようです。

そういった意味において、利用者も不安に思っている部分もありお話を聞くことができて良かったです。

ボランティア連絡協議会 代表者会議 [2013年05月21日(Tue)]
平成25年度ボランティア連絡協議会 代表者会議が熊本市国際交流会館にて行われました。熊本市ボランティア連絡協議会会則の改正について協議が行われた後、昨年度の事業報告及び収支決算について承認され、平成25年度事業計画及び収支予算について審議されました。
今年は10月5日に火の国ボランティアフェスティバル八代が開催されます。
また、11月23日〜24日 全国ボランティアフェスティバル高知が開催されます。
ボランティア連絡協議会の活動としてはくまもと市民ボランティア週間への参加協力、協議会の活動支援、広報活動となりますが、市民のボランティア参加が進むように各関係団体と協力しながら進めることができればと考えています。
IOBスポーツ推進事業団からは福島貴志を同団体役員として協力することになりました。
歯っぱーかむカムひごまるカルタ大会 [2013年03月25日(Mon)]
004.JPG今年で5回目となる熊本城数奇屋丸でのひごまるかるた大会が、菊水学園、藤崎台童園の子供たちをお招きして開催されました。この事業は、歯っぴーかむカムひごまる協議会主催で開催されたものです。

当日はスペシャルゲストとして、おもてなし武将隊とくまもんが参加。
子供たちも大喜びでした。

ひごまるかるたは口の健康づくりの普及を目的とした学べるかるた。
かるたを通じて、お口の健康づくりを一緒に考えようというプログラムです。子供たちもお口の健康について普段の歯磨きだけではなく8020運動についても学ぶことができたのではないかと思います。
006.JPG当日は、くまもん参加という事もあり、多くのギャラリー参加がありました。一緒にくまもん体操を踊って体をほぐしたあとは、武将隊とくまもんと一緒にかるたを楽しみました。

くまもんがかるたをGETしたときは
大歓声が沸き起こりました。

生くまもんと一緒のかるたは子供たちにとって良い思い出にもなったようです。
熊本県健康づくり県民会議より表彰 [2013年03月08日(Fri)]
046.JPG歯つぴーかむカムひごまる協議会がこの度、熊本県健康づくり県民会議より表彰して頂きました。
熊本市中央区保健子ども課様から推薦を頂きました。今回は熊本市は「8020健康づくりの会」とのダブル受賞です。

3月8日くまもとテルサ3階たい樹にて、表彰式が行われ、事務局長として、IOBスポーツ推進事業団 福島理事長が事例発表を行いました。

歯っぴーかむカムひごまる協議会は4つの活動を行っています。
1 推進普及事業
@ベロタッチ Aストローゲーム Bカルタ等
2 食育事業
お口の健康に良いお弁当や食品開発
3 啓発事業
@笑福セミナー開催 Aベロタッチ研修
4 イベント事業
@カルタ大会 Aストローゴルフ大会

口は命から命を頂く場所です。みんなでこお輪を広げたいと考えています。
今後ともよろしくお願いします
ふれあい出前講座 [2013年02月16日(Sat)]
熊本市企画振興局 生涯学習推進課様より、先日実施した「ふれあい出前講座」の実施報告書を頂きました。感想を頂き、楽しんで頂けたようです。普段は女性の参加が多かったが、今回は男性の方がたくさん参加されたようです。健康づくりの第1歩として、今後も「健口ストローゴルフ」が広がることを願っています。

感想
幸田公民館館長よりご紹介された福島さんは初見から人を楽しませる雰囲気を持った講師の方でした。参加者は初めて口で吹いたゴルフをするので、失敗の時や大きく飛ばした時には大きな談笑が沸きとてもにぎやかにゲームをされていました。後から参加者に聞いてみるとすごく楽しく気持ち良かったといわれていました。推進課の方達や講師の方にお礼申し上げます。
水俣研修  [2013年02月15日(Fri)]
018.JPG水俣市にある社会福祉法人さかえの杜「ほっとはうす」さんへ訪問介護員研修に行ってきました。
2008年4月の新設と同時に水俣病胎児性患者等の障がいを持つ人への地域に存在する普通に暮らすニーズを掘り起し活動をされています。

当日は、水俣病から宝物を伝えるプログラムを実施して頂きました。水俣病胎児性患者のみなさんのお話は心打つものがありました。
ヘルパーとして、在宅支援は地域生活における最大の柱。使命感を持たなければならない。事を痛感した次第です。
差別と偏見のなか、地域で働くことを選択しほっとはうすでお仕事を頑張ってこられています。施設から地域に移ったものの、状況が悪くなったら施設に戻るしかない。という不安も抱えておられました。家族の高齢化も大きな問題になっています。

家族で支えるのが困難な状況の中、ヘルパーとしての役割が今後、大きくなっていくことでしょう。熊本市においても多くの障がい者が地域での生活を希望されています。

私たちにできること…。
家族を支えながら、障害があっても地域で生活できる環境整備ではないかと感じました。
020.JPG
その後、水俣の訪問介護事業所を運営されている「はまちどり」の太田さんと情報交換。
太田さんは数年前まで、熊本市の訪問介護事業所の管理者としての経験から、熊本市と水俣市における違いをいろいろとお話して頂きました。

まだまだ、私たちが現場で動かないといけない環境もあるようです。
その中で、家族の苦悩と本人さんの悩みの下支えが必要な事もわかりました。
訪問介護は単に介護するだめでなく、当事者と家族の立場に立った心の支援も大事なんですね。

熊本市の状況しかしりませんでしたが、今回、他の地域の方々とお話をしていろんな学びを得ることができましたし、私たちがやっていることが間違ってはいない事を再確認することもできたように感じています。
また、今後も研修会を行いながら、訪問介護における学びの機会を作っていきたいと思います。

016.JPG
お口の健康づくり講座 [2013年02月05日(Tue)]
田迎南コミュニティセンターで地域の方を対象とした「お口の健康づくり」についてのセミナーを開催して頂きました。当日は、60名以上の方が参加されました。熊本市とIOBスポーツ推進事業団が協働で開発したお口の健康プログラムであるゴルフゲームを楽しんでいただきながら、口の健康の大切さを知って頂く機会になったのではないかと感じています。
特に今回は男性の参加者が多かったようです。最初はうまくコントロールできなかった駒を最後の方はうまくコントロールしながら、ナイスON,ナイスパーでコースを上がる方がでてきて、楽しい会となりました。
本事業は、熊本市教育委員会生涯学習課が行っているふれあい出前講座の一環で行われた事業です。今後も地域の方々の健康づくりの為の講座として、活動を広げていきたいと思います。
美里町水泳教室、着衣水泳&水泳発表会 [2012年07月30日(Mon)]
003 (7).JPG美里町水泳教室最終日は、泳力発表会。たくさんの保護者の方々が応援にやってきました。ちょっと始める前は緊張気味の子供たち…。

日頃の練習の成果を発揮して頑張ってほしいものです。
最初は着衣水泳。
7月12日に起こった北九州豪雨による被害は多くの命を奪いました。子供たちに、自分の命を守るということはどういうことか?着衣水泳を通じて学んで頂きました。なれない服を着た状態での水中移動は難しさがあったようです。

その後は、発表会。泳げなかったお友達も5M泳ぐことができました。中には25M完泳したお友達もいました。これから長い夏休み。プールで練習をして上手になって下さい。
美里町幼児水泳教室 [2012年07月10日(Tue)]
005.JPG幼児クラスの水泳教室が今日からはじまりました!
最年少は4歳の女の子!楽しく水慣れを頑張ったようです!
年長さんは、顔付けからバタ足を練習しました。はじめての大きなプールでの練習は最初怖かったようですが、徐々に慣れて、最後は笑顔になりました!

この事業は、中山間地域における水難防止の為の活動で、幼児を対象とした水泳教室を美里町B&G海洋センターと協働で行っている事業です。4日間の練習で、ひとりで泳げるようになることを目標に頑張っています!
泳げるようになったよ [2012年07月05日(Thu)]
001.JPG一人で泳ぐクラスは、今日から2M泳ぐための練習をはじめました。浮いたときのボディポジションの保ち方や立ち方を中心に練習を行い、全員が2m中には4M泳げたお友達もいました。

少し自慢げに笑顔が出たようです。
これからは足の動かし方を習ってより遠くまで泳げるようになりましょう!

クロールを覚えるクラスでは、基本的な足の動かした方手の動かし方を勉強しました。まだバランスがうまくとれないようです。もう少し繰り返しの練習が必要なのかもしれません。

25M完泳を目指すクラスは、クロールの呼吸の練習を行いました。手と呼吸のタイミングが難しいかもしれません。ゆっくり手を回すとタイミングがとりやすいかもしれませんね。
残り2週間頑張りましょう!