CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

中古車の売値 [2016年02月27日(Sat)]
車は愛着があるので手放したくないのは分かりますが、新しく車を買い替えるのなら、出来るだけ高い値段で売りたいものです。売らずに手元に置いとくのははっきり言って無駄が多いのでやめたほうがいいでしょう。クルマを所有した時、その自動車を廃車まで何十年でも乗りたいと決めいている人はどれくらいいるでしょうか。中にはとても好きなので、その車をいつまででも乗ると予定している人もいるかもしれませんが 車を輸送機器、あるいはまた1つの資産と思った場合、維持費などを見て、費用が高すぎるようならばほかのくるまに乗り換える方がお得でしょう。そしてまた今のエコカーブームに乗って、各メーカーも燃費を重視した最新カーを設計しています。 車のこだわりが特に無いのであれば、高燃費のクルマになんとなく保有し続けるのはあまりに不合理です。さて、クルマを乗り換えるとすれば、考えられるのは今の自分が乗っている車の処理です。廃車にしますか?親族にあげちゃうか?でもふつうは車買取してもらうんじゃないですか?しかし自動車の売却は、容易にはまとまりません。関係することといえば外観の傷やエンジンやハンドル、タイヤや足回りなどに加え今人気のあるくるまか人気がある色かどうかなど。 付け加えると自動車によってはカラーによって人気が大きく異なります。自動車の駆動方式によっては売れ筋かどうかではなく、需要も関係していて場合によっては同じくるまでもしっかりと売却価格に影響が出ます。こういうことを踏まえたうえで愛車を高く売るためにはどうするべきなのかを考察してみましょう。もし最近買った車であればばっちりですし、それ以外でもいまから気をつければ驚くほど高値で売却することが可能になるいろんなテクニックがあります。ちょっと前にも書きましたが車はお金そのものです。どうせなら資産は高額な評価を取得して高く売却したいものです。車はそうした心がけ1つで売値が大きく変わりやすい資産と言えます。ですから日頃から意識しつついざ売るときの技術を用いることで10万円以上の下取り額の違いがでてきます。
Posted by 今田 at 23:18 | 日記 | この記事のURL
プロフィール

今田さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/inu77/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inu77/index2_0.xml