CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

高梨沙羅が全日本優勝 [2015年01月05日(Mon)]
1月4日に札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で行われた雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会で、女子ジャンプの高梨沙羅(クラレ)が合計230・0点で4年ぶりに優勝しました。高梨は1回目の跳躍で90メートルで2位となり、2回目のジャンプでは94メートルを飛び逆転勝利しました。2位は220・0点で勢藤優花(北海道・旭川龍谷高)、3位は伊藤有希(土屋ホーム)でした。男子ジャンプの方は、有力選手が海外遠征のため参加していませんでしたが、1回目が96メートル、2回目が92・5メートルのジャンプを決めた栃本翔平(雪印メグミルク)が244・0点で、3年ぶりの優勝となりました。少年クラスは小林陵侑(岩手・盛岡中央高)が優勝しました。これから春にかけてジャンプを始めウィンタースポーツが盛んになってきます。一時は地球温暖化の影響で、雪が少ない冬が多くスキーなどのスポーツが心配されることもありましたが、ここ数年は積雪量も十分なので、安心です。
タグ:ジャンプ
Posted by 今田 at 10:02 | スポーツ | この記事のURL
プロフィール

今田さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/inu77/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inu77/index2_0.xml