CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

生活習慣病 [2015年01月03日(Sat)]
年を取ってくると生活習慣病で悩んでいる人が急増してくるようです。そのゲインは加齢によって筋力が衰えてきて、運動するのが嫌になって、出不精になってしまいさらに筋肉が衰えてしまうといったことが日常的に多くなるからだと考えられます。筋力低下を避けるためには日常的な運動がとても重要になってくるのです。高齢者は、つい運動することを怠けてしまって、休日も家に閉じこもって、ゴロゴロ寝転がった状態でお茶とせんべいを食べながら、ゴルフ中継やプロ野球の試合、大相撲などをテレビ観戦して、運動をした気分になっていますが、実際のところは何も運動していないのです。こんな生活をずっと続けていると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病になってしまうでしょう。また首から腕にかけての痛み痺れである頸椎ヘルニアの症状として、首が痛くなったり、手がしびれたりする症状を訴える人も多くなっています。頸椎ヘルニアの大きな原因は加齢によるものですが、他にも、運動不足が原因で頸椎ヘルニアになってしまう人も多くなってきているようです。
頸椎ヘルニア 徳永英光
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
プロフィール

今田さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/inu77/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inu77/index2_0.xml