CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

羽生首位発進 [2014年12月13日(Sat)]
スペインのバルセロナで12月12日に行われたフィギュアスケート:グランプリファイナルの男子ショートプログラム(SP)で、ソチオリンピック金メダリストのの羽生結弦(20=ANA)が今シーズン世界最高の94・08点で首位発進と絶好のスタートを切りました。羽生選手は、中国大会の練習中に中国選手と衝突して、負傷し、大変な状態でしたが、無事それを乗り切り、ファイナルに進出しました。最初の回転トーループを完璧に決め、王者の貫録を示し、後半の連続ジャンプでは転倒したものの、全体としては、技術面、表現力で他を圧倒し、実力を十分に発揮しました。12月13日(日本時間12月14日)のフリーで今シーズン初優勝を目指します。2位は同じく日本人の3季連続の出場の町田樹(関大)が87・82点でした。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
プロフィール

今田さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/inu77/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inu77/index2_0.xml