CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

国家試験 [2014年10月22日(Wed)]
老人大国となった日本では、いまや福祉関係の仕事の需要が急増しています。職種を選ばないのであれば、福祉関係の仕事ならだれでも何らかの仕事を見つけることは可能でしょう。しかし、より好条件の職場、より高い給与を目指すのであれば、福祉関係の国家資格は必需品です。そんな中でお勧めなのが1977年に誕生した精神保険福祉士の資格です。この福祉不資格は、精神病院や医療機関で精神に障害を持つ方の社会復帰を相談援助するソーシャルワーカーの資格なのです。精神保険福祉士は、精神障害者の保険合福祉関係の専門知識や技術をによって、患者の入疸インの相談を受けたり、日常生活のためのとレーニン支援活動を行うことを仕事としています。この資格の試験を実施しているのは北海道、東京、大阪、広島、福岡、宮城、愛知、福岡で、受験料は、11,500円になっています。試験内容は精神医学や精神保健福祉論、公的扶助論などの多肢選択式の学科試験となっています。この試験での合格率は、60%となっています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
プロフィール

今田さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/inu77/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inu77/index2_0.xml