CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
橋 實
剪定作業完了 (03/12) 高橋玲司
剪定作業完了 (03/12) 橋 實
しばらく姿を見なかったが。 (02/05) 田の神
しばらく姿を見なかったが。 (02/04) 橋 實
キジのオス現る (05/30) 青柳 徹
キジのオス現る (05/30) 田神
終(つい)のカメラ? (03/23) 田神
時間を持て余すときは。 (01/10) 田神
大気光学現象シリーズ3回目。 (12/20) 田神
雪はひとまず・・・。 (12/20)
最新トラックバック
ちらつくも。 [2020年01月21日(Tue)]
久しぶりに雪がちらつくも、積もることなし。

200121.jpg
蜜蝋作り [2020年01月20日(Mon)]
 まだ早いようですが、ミツバチ飼育の準備を始めました。まず手始めに蜜蝋作り。昨年ハチミツを搾った後の巣くず、冷凍保存しておきましたが、その巣くずから蜜蝋を抽出する作業。水を加え煮ることおよそ20分、その後静かに冷ますと表面に蜜蝋が分離し固まります。
 およそ200gの蜜蝋が取れました。ろうそくやハンドクリーム等に加工もできますが、我が家は新しい巣箱の内面に塗布し、ミツバチを誘うのに使用します。

200120.jpg
20日暈 [2020年01月19日(Sun)]
軒下の雪も、まもなく消えて無くなります。今日は終日薄曇りで穏やかな日でした。日暈がくっきりと見え、どうやら明日は天候下り坂のようです。

200119.jpg
どんど焼きについて話してきました。 [2020年01月18日(Sat)]
「小国サロン」にいってどんど焼きのことを話してきました。私の願いは、子供の頃歌った「どんど焼きの歌」をなんとしても復活して欲しかったからです。
 参加された方で私のほか一人だけがこの歌を知っていました。
何時この歌が消えて無くなったか、定かではないですが、中里小学校が渋味小学校に統合となった頃とき、ではないかと想像しています。もしかするとそれより前かもしれません。
 となると、もうかれこれ35年以上歌われなくなった?。

200118.jpg
遊歩道の様子見に。 [2020年01月17日(Fri)]
雪との格闘も無し、体を持て余して、山口育英奨学会の遊歩道の様子見に行ってきました。見晴らしポイントから見える小国の谷には雪はなく、久しぶりに聞くミソサザイのさえずりは暖冬の影響か力強く聞こえました。
 
200117.jpg
作品入れ替え [2020年01月16日(Thu)]
積雪:2cm 降雪:2cm
 久しぶりの雪降りでしたが、午後には消えて無くなりました。
今日は写真仲間の作品入れ替えの日。久しぶりにモノクロ作品を出しましたが、焼きが甘く、少々迫力に乏しかったようです。

200116.jpg
けらつつき [2020年01月15日(Wed)]
 キツツキのことを我が町では「けらつつき」といいます。家のケラバをつつくから「けらつつき」。外壁に穴を開けるので嫌われ者です。アカゲラもアオゲラも「けらつつき」で分けていないようです。庭のキウイフルーツの枝をつついていました。

200115.jpg
ぼちぼち動こうと・・・。 [2020年01月14日(Tue)]
 雪との格闘もなく、退屈しています。春に向けて、ニホンミツバチ対策、ぼちぼち動こうと・・・。アカリンダニ、当地ではまだ確認していませんが、発生してからでは遅いので巣箱の改良を始めました。

200114.jpg

57年前の今頃は [2020年01月13日(Mon)]
 57年前の1月の風景です。当時の役場庁舎・農協の建物が写っています。八石山やその手前箕輪の山々には雪がありますが、役場付近は雪無しです。
 この後、1月15日頃から降り始め、およそ2週間降り続きました。語り継がれている「38(サンパチ)豪雪」です。
 過去の例からまだまだ油断は禁物、ですね。

200113.jpg
雪無しどんど焼き。 [2020年01月12日(Sun)]
無病息災を願ってどんど焼きが執り行われました。今年は、全く雪のないどんど焼き。このままだと水不足が心配と、集落総代さんは挨拶しておられました。

200112.jpg