CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
タチツボスミレが咲いています [2020年01月31日(Fri)]
IMG_0577m.jpg

 畑の数か所で、早くもタチツボスミレが咲いているのを見つけました。
 オキナグサの出芽(開花は3月ごろか)
IMG_0578m.jpg

 畑に植えている白梅
IMG_0581m.jpg

ヤブツバキと白梅(裏山で)
IMG_0596m.jpg

ブータン大輪ミツマタが咲き始めました。
IMG_0584m.jpg

 一昨日は、今年初めての来園者(7名)がありました。2年後に奈良で開催予定の万葉植物関連の企画について協力要請があり、候補植物とそれが詠まれた万葉歌について意見交換させていただきました。
Posted by katakago at 19:44
三世代交流餅つき大会 [2020年01月26日(Sun)]
IMG_0411m.jpg

 今日は地元自治会主催の恒例の三世代交流餅つき大会が行われました。幸い心配された雨も降らずに、参加した方々は餅つきの体験をしたり、搗きたての餅(大根おろし、きな粉、餡餅など)を味わったりして楽しいひと時を過ごしました。
IMG_0424m.jpg

 今年は暖冬傾向でウメの開花も1週間前に比べだいぶ進みました。 
 裏山植物園の入り口付近の様子(白梅の他ミツマタなどを植えています)。
IMG_0438m.jpg

 白梅の開花状況(上の写真の一部を拡大、1週間前の開花は3輪)
IMG_0437m.jpg

 竹藪内に置いているクヌギの原木に、この時期には珍しく早くもシイタケが生育していました。
IMG_0400m.jpg

Posted by katakago at 13:18
白梅が咲き始めました [2020年01月19日(Sun)]
IMG_0549m.jpg

IMG_0553m.jpg

 10年ほど前に畑に植えた数本のウメの苗木のうち、先週からその一株で花が咲き始めました(上の2枚の写真)。
 裏山の植物園入り口の白梅は畑の梅に比べ年数を経ていますが、今日は3輪の開花が見られました(写真はその一輪)。
IMG_0570m.jpg

 ウメが詠まれた万葉歌については以前の記事に掲載していますが(下記のURL参照)、ここでは、巻五の「梅花の宴」で詠まれた32首から次の2首を載せておきます。
【歌】 正月(むつき)立ち 春の来(きた)らば かくしこそ 梅を招(を)きつつ 楽しく終へめ (815 大宰大弐紀卿)
【口語訳】 正月になり 春が来たなら こうやって 毎年梅を迎えて 歓を尽くしましょう
【歌】 我が園に 梅の花散る ひさかたの 天(あめ)より雪の 流れ来るかも (822 大伴旅人)
【口語訳】 わが園に 梅の花が散る (ひさかたの) 天から雪が 流れてくるのだろうか 

 ウメが詠まれた万葉歌の関連記事は下記のURLに、
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/274
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/284
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1070
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1199

 なおウメ関連では、新元号「令和」の出典が『万葉集』巻五の「梅花の宴」の序文からとのことで、下記の記事も載せています(2019.4.1)。
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1496


Posted by katakago at 15:04
朝焼け [2020年01月07日(Tue)]
IMG_0530m.jpg

 今朝、朝焼けが見られました(写真は7時過ぎに畑で撮影)。空が濃く鮮やかに染まるのは空気中に水蒸気が多く含まれるためで、「朝焼けは雨・夕焼けは晴れ」という天気のことわざどおり、間もなく雨が降ってきました。

 このシーズンは暖冬傾向なのか未だ降雪はみられず、比較的暖かい日が続いています。昨年、エンドウとソラマメの播種時期が遅れてしまい、発芽するか心配していましたが、今のところ順調に生育しています。このほか、タマネギも栽培しています(写真はいずれも昨日撮影)。
 エンドウ(写真左)とソラマメ
IMG_0525m.jpg  

 タマネギ(100株ほど)
IMG_0526m.jpg
Posted by katakago at 13:22
正月休みも終わって [2020年01月06日(Mon)]
 長男の家族も先週末には勤務先に帰り、今はひっそりとした日常が戻ってきました。日課となっている尺八の練習を1時間ほどと、気が向けば裏山に出かけて下草刈りや伸びすぎた木の剪定などを行っています。

 正月休みに孫と過ごした写真をいくつか掲載しておきます。
畑では凧揚げを楽しみました(凧は上の孫たちが10年ほど前に作ったのが残っていました)。
IMG_0488Ls.jpg

 近くを流れる猪名川べりを散策しました(猪名川は万葉歌にも詠まれており猪名川万葉植物園もこれにちなんで命名)。 
岩登りが好きなようです(ボルダリングに挑戦できるかも)。 
IMG_0367m.jpg

この時期水量が少ないので猪名川に置かれた石橋を通って対岸に渡れます。
IMG_0355m.jpg

 万葉歌には、飛鳥川(奈良県明日香村)の石橋が詠まれた次のような恋の歌があります。
【歌】 明日香川 明日も渡らむ 石橋の 遠き心は 思ほえぬかも (巻十一・2701)
【口語訳】 明日香川、あの川を明日にでも渡って逢いに行こう。その飛石のように、離れ離れの遠く隔てた気持などちっとも抱いたことはないのです。(『萬葉集釋注』より)

 植物園では、裏山のヤブツバキが咲き始め、畑に植えたネコヤナギの芽吹きが見られます。
ウメはまだ蕾の状態です。
 ヤブツバキ
IMG_0503m.jpg

 ネコヤナギ
IMG_0516m.jpg

Posted by katakago at 15:47
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml