CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
エゴノキの花 [2021年05月07日(Fri)]
IMG_2914m.jpg

IMG_4868m.jpg

 裏山に自生しているエゴノキ(エゴノキ科)の花が真っ盛りです(花は長さ2〜3cmほどの柄の先端に垂れ下がって付く)。エゴノキは万葉歌の「山ぢさ」にあたるとみられています。
【歌】 山ぢさの 白露重み うらぶれて 心に深く 我が恋止まず (巻十一・2469)
【口語訳】 山ちさがしとどに置いた白露の重さでうなだれるようにうちしおれて、心の底深く私の恋は止むことがない
 巻十一の寄物陳思歌(物に寄せて思ひを陳ぶる歌)に分類されており、「山ぢさの白露重み」は「うらぶれて」を起こす序(山ぢさの花に露がいっぱい置いてうなだれしおれている様子が比喩の序)となっています。
 以前の記事で紹介した歌(ちさと詠まれている)は次のURLに載せています。
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/24

 マユミ(ニシキギ科)の花も咲いています(晩秋には実がはじけて中から赤い種が花を咲かせたように見える)。
IMG_4847m.jpg

IMG_4848m.jpg

マユミが詠まれた万葉歌は、以前の記事(次のURL)に載せています。
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/231

 ノイバラ(バラ科)も咲き始めました(万葉歌では「うまら」と詠まれている)。
IMG_4835m.jpg

 ノイバラが詠まれた万葉歌については次のURLに載せています。
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/29
Posted by katakago at 10:18
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml