CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
雪の日の植物園で [2021年01月12日(Tue)]
IMG_4066m.jpg
 今年初めての雪が降り、植物園も雪景色となりました(写真は裏山入り口付近)。
 年の初めに降った雪を詠んだ万葉歌を二首あげておきます。
天平十八年(746)正月、元正太上天皇の御在所での雪掃きの宴で、葛井連諸会が詠んだ歌。
【歌】 新(あらた)しき 年の初めに 豊の稔(とし) しるすとならし 雪の降れるは (巻十七・3925)
【口語訳】 新しい 年の初めに 今年豊作の 前触れをするのでありましょう こんなに雪が降るのは
 もう一首は、大伴家持の歌で、題詞には、「三年(天平宝字三年、759)正月一日に、因幡国の庁にして、饗(あへ)を国郡の司等に賜ふ宴の歌一首」とあります(万葉集最後の歌でもある)。
【歌】 新(あらた)しき 年の初めの 初春の 今日降る雪の いやしけ吉事(よごと) (巻二十・4516)
【口語訳】 新しい年の初めに立春が重なった。今日降る雪のようにますます重なれ良い事よ。
 これらの歌の関連記事は次のURLに載せています。
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/520
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/527

 ヤブコウジ(万葉歌では山橘)が赤い実を付けています。  
IMG_2512m.jpg

 雪と一緒にヤブコウジ(山橘)が詠まれた大伴家持の歌を二首載せておきます。
【歌】 この雪の 消(け)残る時に いざ行かな 山橘の 実の照るも見む (巻十九・4226)
【口語訳】 この雪の 消えてしまわないうちに さあ行こう 山橘の 実の輝くさまを見よう
 題詞には、雪が降った日に作った歌一首とあり、深紅の実が白い雪に映える様を見たいと詠んでいます。天平勝宝二年(750)、家持が越中に赴任していた時の作。
【歌】 消(け)残りの 雪に合(あ)へ照る あしひきの 山橘を つとに摘み来(こ)な (巻二十・4471)
【口語訳】 消え残る 雪と照り映えている (あしひきの) 山橘を 摘んで来てみやげにしよう
 天平勝宝八年(756)、家持が兵部少輔の頃の歌で、題詞には、「冬十一月五日(太陽暦の十二月五日にあたる)の夜、ちょっと雷鳴がし、雪が降って庭に積もった。その時たまたま感興を覚えて、先ずは作った短歌一首」とあります。

 咲き始めた白梅も雪を被っていました。 
IMG_2502m.jpg

 沫雪と梅の歌を一首載せておきます。
【歌】 沫雪に 降らえて咲ける 梅の花 君がり遣(や)らば よそへてむかも (角朝臣広弁 巻八・1641)
【口語訳】 沫雪に 降られて咲いている この梅の花を あなたの許にあげたら 人が噂するでしょうか

 蓮池の様子
IMG_4056.JPG

 果樹園で(写真手前はハッサク)
IMG_4059m.jpg
Posted by katakago at 12:03
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml