CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
大橋さんの拓本展 [2017年09月03日(Sun)]
IMG_6038m.jpg

 三年前に大仙寺の木田院碑の採拓でお世話になった京都の大橋さんが、「墨彩で観る拓本展 III」をギャラリー祇園小舎で開催されており、昨日妻と京都まで出かけてきました(写真は大橋さんご夫妻)。
 今回は、石の他、木・鋳造物(鉄・青銅器)・瓦の素材から採られた拓本が展示されていました。万葉歌碑・文人墨客の詩歌・日本各地の石碑や鋳造物(マンホールなども)・中国旅行で採拓されたもの等、ご夫妻による詳しい説明を聴きながら観覧することが出来ました。
 おまけに、作品まで頂き大変ありがたく思っています。 

 万葉歌碑の拓本(会場に展示)
IMG_6037m.jpg

【歌】 古の 七の賢しき 人たちも 欲りせしものは 酒にしあるらし (巻三・340 大伴旅人)
【口語訳】 古の 竹林の七賢人も 欲しがったものは 酒であったらしい

 石川丈山(1583〜1672)の「富士山」の七言絶句の拓本(今回頂いたものです)
IMG_6062m.jpg

訓読は、
 仙客来遊す雲外の巓(いただき)。神龍栖(す)み老ゆ洞中の淵。雪は紈素(がんそ)の如く煙は柄の如し。白扇倒(さかさま)に懸(かか)る東海の天。
現代語訳は、
 雲の上に突き出した富士山の巓には、仙人が来て遊ぶという。洞窟の中の淵には久しく神龍が棲んでいるという。頂に積もった雪は扇の白絹のようであり、立ち上る煙は扇の柄のようだ。ちょうど白い扇をひっくり返して東海の天にかけたような、そんな景色に見えるのだ。

 大津市のマンホールの拓本(今回頂いたものです)
IMG_6060m.jpg

 大仙寺の木田院碑の採拓の記事は、
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/836


 拓本展の後時間があったので、妙心寺を訪れました(妻は今回が初めてです)。
七堂伽藍のうち、法堂(はっとう)天井の雲龍図(狩野探幽筆)や浴室(明智光秀の菩提を弔うために創建され、明智風呂とも呼ばれる)を見学しました。
 妙心寺境内には四十余りの子院塔頭があり、今回は退蔵院を拝観しました。ここには如拙筆の日本最古(室町時代)の水墨画「瓢鮎図(ひょうねんず)」(国宝)があり、方丈正面には摸本とその説明パネルが置かれていました。画図は農夫が瓢箪で「なまず」をどうして捕らえるか?という禅の公案(問題)で、画の上に五山の高僧31人による答えが自書されています。
 なお実物は、昨年京博で開催された、臨済禅師1150年,白隠禅師250年遠諱記念「禅ー心をかたちに―」展に出品され見る機会がありました。
 退蔵院方丈正面
IMG_6053m.jpg

 瓢鮎図(摸本)の一部
IMG_6056m.jpg

 境内の瓢箪池
IMG_6049m.jpg

 池で見かけたサギ
IMG_6048m.jpg

Posted by katakago at 12:35
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml