CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
NHK朝ドラ「あさが来た」のセット公開 [2016年03月30日(Wed)]
IMG_3638m.jpg

 昨年秋に始まったNHK朝ドラ「あさが来た」のセットがNHK大阪放送局で公開されています(来月10日まで)。カルチャーセンターの講座で梅田に出たついでに見学してきました。
 このドラマは大坂の両替商の加島屋(ドラでは加野屋)が舞台になっていました。自費出版本『木田家のルーツを尋ねるー石碑の銘文に導かれてー』では、十人両替にもなった鉄屋庄左衛門や川崎屋三右衛門に関する史料を集めていたのですが、本の最終校正の段階で、このドラマの原案本『小説 土佐堀川ー広岡浅子の生涯』(古川智映子著)の存在を知り、興味深く読みました。それで、ドラマも毎日視聴してきました(今週末で終了)。
 加島屋はその後加島銀行(ドラマでは加野銀行)、大同生命(同 淀川生命)に至っていますが、その経営・家政資料が研究されています(「大同生命文書」解題、大同生命のホームページより)。これらの資料は大阪大学経済史・経営史資料室で閲覧可能とのことです。また、神戸大学経済経営研究所の高槻泰郎准教授が、昨年新たに奈良県の岡橋家から見つかった資料について研究を進められており、その進展に注目して行きたいと思っています。

 1階アトリウムのセットコーナー入り口
IMG_3631m.jpg

 セットの全景
IMG_3630m.jpg

 小道具の看板類(両替商の看板も)
IMG_3580m.jpg

 両替商の店頭(パネルの写真より)
IMG_3599m.jpg

 小道具の銀手形通 
IMG_3609m.jpg

 江戸時代の貨幣は、金・銀・銭の三貨制(これらは変動相場で取引)で、江戸は金目(両・分・朱の定位貨幣)で、大坂・京都など上方では銀目(丁銀・豆板銀を主とする秤量貨幣)で、こちらは秤にかけて取引決済が行われ、幕末の頃には、銀貨幣の預り証書としての銀目手形を両替商が発行し広く流通していた。ところが明治元年(1868)、新政府による幣制改革で「銀目廃止」となり、大坂の両替商は大きな影響を受けることになった(加島屋はこの危機を乗り切った数少ない例)。

 中庭のセット
IMG_3604m.jpg

 銀行正面入り口
IMG_3636m.jpg

 銀行店内
IMG_3593m.jpg

これまでの関連記事は、
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1046
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1060
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1073
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1079



Posted by katakago at 11:46
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml