CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
譬喩歌に詠まれた植物 ー ツユクサ・コナギ [2014年08月29日(Fri)]
 ツユクサは畑の雑草でありコナギは水田の雑草ですが、ここではこれらの植物が譬喩歌に詠まれた例をあげておきます。いずれも摺り染めに用いられたようで、下記の巻七1339番歌(ツユクサ)の「衣色どり摺る」では求婚を受け入れる意に、巻十四の東歌3576番歌(コナギ)の「衣に摺り付け」では女を我がものとしたことに譬えられています。
 ツユクサ
畑の除草作業で、ツユクサの群生が見られる処はそのまま残しておきました(次の写真)。万葉歌では、つきくさ(原文は月草・鴨頭草と表記)として詠まれています。
IMG_5358m.jpg

IMG_5343m.jpg

【歌】 月草に 衣色どり 摺らめども うつろふ色と 言ふが苦しさ (F-1339)
この歌の解説は次のURLに載せています。
       ↓
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/73

 コナギ(万葉歌の原文では古奈宜などと表記)
蓮池の水の落ち口に小さなバットを置いてコナギを栽培しています。
IMG_5322m.jpg

【歌】 苗代の 小水葱が花を 衣に摺り なるるまにまに あぜかかなしけ (M-3576)
この歌の解説は次のURLに載せています。
       ↓
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/139
Posted by katakago at 19:40
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml