CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
伊勢神宮に特別参拝(3/18) [2014年03月21日(Fri)]
 式年遷宮後の伊勢神宮参拝は、昨年(11/9、12/7)に続き3回目です。今回は日本書紀の講座(NHKカルチャー)受講者有志で、講師の今井先生とご一緒に出かけました。崇敬会会員のほか神楽殿で資金献納(ひとり千円以上の寄付)手続きを済ませて参宮章を受け取れば、内宮・外宮で特別参拝出来ます。豊受大神宮(外宮)では、特別参拝者は旧正宮内に参入して社殿をまじかに見ることが出来ます(今月末まで、内宮は不可)。今回の伊勢行きの第一の目的は、普段は立ち入ることが出来ない場所で正殿をはじめとする社殿をじっくり見学することです。
 下図の左半分は神宮司庁の外宮のチラシ(部分)より、右半分は『別冊太陽 伊勢神宮』の外宮図面より合わせて作成したもので、特別参拝位置は外玉垣内の中重鳥居手前(右下の橙色部分)です。お祓いの後、神職の案内により外玉垣南御門内に参入してこの位置で参拝しました。その後、新正宮右側にある旧正宮(図面の古殿地)で正殿を中心とする社殿を見学しました。20年経つとかなり傷みが見られる所(萱ぶき屋根など)もありましたが、実物を目の当たりにすることが出来、この時期(次は20年後)ならではの貴重な体験でした(せんぐう館には正殿東側面部の原寸大模型が再現されていますが)。
 これらの建物は4月から解体され、その建材は東日本大震災で被害に遭った神社の復興に利用されるとのことです。
 豊受大神宮(外宮)の正宮図面(特別参拝の位置も図示)
IMG_0003m.jpg

 皇大神宮(内宮)でも特別参拝し、その後、荒祭宮(祭神は天照大御神荒御魂、荒御魂とは活動的な神霊)も参拝しました。内宮の別宮が十宮ある中で、この荒祭宮は第一別宮として重きを置かれている。ここでは真新しい社殿をまじかに見ることが出来、写真撮影も可能でした。
 皇大神宮(内宮)正宮の階段下で記念撮影
IMG_5845S.jpg

 荒祭宮(内宮第一の別宮)
IMG_5850S.jpg

 せんぐう館(伊勢神宮と式年遷宮について分かりやすく展示されている)は昨年も訪れていますが、今回は見学時間を十分とり職員による解説も聴くことが出来ました。また、前2回の訪問では来れなかった神宮徴古館(伊勢神宮の歴史と文化を伝える総合博物館)にも立ち寄りました(こちらは時間の関係で駆け足の見学となりましたが)。 

 これまでの伊勢神宮関連記事は滝のURLに載せています。
     ↓
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/732
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/749
 

 
Posted by katakago at 10:23
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml