CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
桜井市夏季大学(8/25) [2013年08月29日(Thu)]
 この一月ほどブログの写真アップの操作が快適に行われなくなり(8/23までは何回か試みてやっと掲載)、ここ数日は何度試みてもうまく出来なくなり、また写真添付のメールも送信されなくなりました。そこでプロバイダーのJ:COMに電話して原因を調べてもらいました。上りの速度が規定値を大きく下回っていることが分かり、屋外のケーブル接続箇所の点検で、経年劣化した接続箇所を交換をしてもらったところ、上記の不具合が解消されました。毎日使用するパソコン操作が不調だと気分も滅入りがちでしたが、原因も分かってこれでまたブログも更新してゆけます。

 8/25に大神神社(大礼記念館)で第52回桜井市夏季大学が開催され参加してきました。坂本信幸先生が「万葉歌のはじまり桜井」と題して、午後からは木下正史先生が「よみがえる古代磐余の世界」と題して講演されました(お二人は「飛鳥を愛する会」の副会長と会長でもある)。あいにくの天候でしたが主催者によると130名ほどの参加者があったそうです。
IMG_4308m.jpg

 坂本先生の講演では、桜井の地との関連で、巻一冒頭の次の歌を中心に話されました。以下は当日の講演と資料より、内容未消化ながらメモを残しておきます。
 泊瀬朝倉宮に天下治めたまひし天皇の代 大泊瀬稚武天皇
  天皇の御製歌
 籠もよ み籠持ち ふくしもよ みぶくし持ち この岡に 菜摘ます児 家告らせ 名告らさね そらみつ 大和の国は 押しなべて 我こそ居れ しきなべて 我こそ居れ 我こそば 告らめ 家をも名をも (@-1)
 大泊瀬稚武天皇は雄略天皇で、泊瀬朝倉宮はその皇居のあった所で、桜井市脇本遺跡灯明田地区と推定されています。「家告らせ 名告らさね」は求婚の意思の表明。
 『万葉集』巻一の一番歌では「告る」、二番歌では「見る(国見歌)」、三番歌では「聞く(豊かな狩りの祈り)」が詠まれ、いずれも天皇の国土支配儀礼の歌が巻一の初めの部分に置かれていることを指摘され、その最初の歌の作者が雄略天皇に仮託された理由について解説されました。
 「名を告る」は、『古事記』の雄略天皇条の葛城の一言主大神との出会いの場面でのみ登場します。童女に名を問う話は、雄略記に引田部赤猪子の話が載せられています。「采女」については、同じく雄略記に「三重の采女」の話が出て来ます(采女の制度が始まったのは雄略朝か)。地方豪族から貢進される采女の手によって、御饌が供進される服属の証としての儀礼があったと推定されています(岡田精司『古代王権の祭祀と神話』)。祈年祭(としごいのまつり)の祝詞にも「・・・この六つの御県に生り出づる、甘菜・辛菜を持ち参ゐ来て、皇神孫の命の長御膳・遠御膳と聞し召すが故に・・・」の一節があります。雄略天皇以外に「告る」歌の作者はいなかったとのお考えです。

 木下先生の講演では、磐余池堤跡の発掘、吉備池廃寺の発掘(寺名は百済大寺と確定)、山田寺跡の発掘などの成果について話されました。山田寺について、1982年に最古の回廊建物が発見され、その時出土の連子窓を含む復元回廊が飛鳥資料館に展示されています。
 

 前日(8/24)から待望の雨が降り、この日は阪神地区に大雨警報が出ていました。早朝に家を出て大神神社には9時前に到着できました。講演会開始まで十分時間があったので久しぶりに訪れた境内を散策しました。
 大神神社拝殿(後方の三輪山が神体山)
IMG_4282m.jpg

 巳の神杉(大物主大神の化身の白蛇が棲むとことから名付けられたご神木)
IMG_4285m.jpg

 日本書紀歌謡の歌碑(揮毫は故和田嘉寿男先生)
IMG_4290m.jpg

【歌】 此の神酒は 我が神酒ならず 倭なす 大物主の 醸みし神酒 幾久 幾久 (15)
【口語訳】 この神酒は私が醸造した神酒ではありません。倭国を造られた大物主の醸造された神酒です。幾世までも久しく栄えませ、栄えませ
 『日本書紀』崇神天皇八年十二月条にでてくる歌謡です。神託により大田田根子に大物主大神を祭らせると、それまでの疫病も途絶え、五穀も稔り百姓は豊穣になったとあります。この歌は、大神神社の社殿で祝宴が催された時に、大神の掌酒(さかびと:神酒を神に献る職掌の人)活日(いくひ)が神酒を天皇に献上して詠んだ歌です。
Posted by katakago at 11:56
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml