CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
多田小学校にある碑「稽古照今」 [2013年02月19日(Tue)]
 午前中多田小学校で会議があり出かけて来ました。退職後こちらに帰ってより何度も学校には来る機会があったのですが、あらためて正門前の校庭に建てられた碑の文字が目に留まりました。これまでは運動会、文化祭、盆踊りなど賑やかな行事の折りであまり気にしなかったのかもしれません。
IMG_2928m.jpg
(碑の写真、下の校章は清和源氏ゆかりの笹竜胆に學の字)

 碑面の文字は「稽古照今」と書かれており、揮毫は当時(昭和53年)の兵庫県知事坂井時忠によるものです。多田小学校は昭和53年に創立百周年を迎えており、それを記念してこの碑が建立されました。
 「稽古照今」は『古事記』の序から採られています。序は三段からなり、第一段は神代からの天皇の歴史をふり返り、第二段は天武天皇のもとでの『記』の撰録の始まりが述べられ、第三段では元明天皇にいたってそれが完成したことが記されています。碑文の文字は、第一段終わりの次の個所から採られています。
【原文】 ・・・・雖歩驟各異、文質不同、莫不稽古以縄風猷於既頽、照今以補典教於欲絶。
【読み下し文】 ・・・・ 歩(あゆ)むと驟(うぐつ)くと各異(おのおのこと)にして、文(かざ)れると質(すなほ)なると同じくあらねども、古(いにしへ)を稽(かむが)へて風猷(をしへ)を既に頽(おとろ)へたるに縄(ただ)したまひ、今を照らして典教(のり)を絶えむと欲(す)るに補(おきぬ)ひたまはずといふこと莫(な)し。
【口語訳】 ・・・・ 治世に緩急あり、華美と質朴の差はあったけれども、いにしえに鑑みて風教道徳の既に崩れてしまったのを正しくし、今を照らして道と教えとの絶えようとするのを補わないということはなかった。
(以上、『新編日本古典文学全集 古事記』より)





Posted by katakago at 14:50
第23回にしのみや万葉セミナー [2013年02月19日(Tue)]
 2/17に夙川公民館で「にしのみや万葉セミナー」が開催され、山内英正氏の講演と岡本三千代さんの「万葉うたがたりコンサート」があり出かけて来ました。
 西宮市には西田公園万葉植物苑(1988年開設)があり、生前西宮市に住んでおられた犬養孝先生の選ばれた歌と植物の説明板も添えられ、大伴家持の「春の苑 紅にほふ 桃の花 下照る道に 出で立つ娘子」の歌碑(犬養先生45番目の揮毫)があります。この開設を記念して1990年から「にしのみや万葉セミナー」が毎年開催されて当初は犬養先生が講演を行われ、第8回目からは山内氏が担当されるようになったとのことです。私は今回初めて参加しました。

 山内氏の講演は、「歌聖・柿本人麻呂ー伝説と信仰ー」と題して行われました。
IMG_2919m.jpg
 講演の前半では、人麻呂が石見国で死に臨む時に詠んだとされる歌とその関連歌および石見相聞歌について解説されました。後半では人麻呂が後の世になって信仰の対象になっていった話をされました。山内氏も関わられて、『神になった柿本人麻呂ー人丸信仰の調査と報告書』が刊行されています(発行は犬養万葉記念館に協力する会)。人丸信仰の神社・寺・塚などは全国に400ほど知られているようですが、山内氏ら(全国万葉協会の富田さん荒川さんほか)はそのうち121ケ所を調査されたそうです。歌聖として歌・芸事の上達やさらには学問・受験の神としても祀られ、火気の元、火止まる→火伏・防火の神、人生まる→安産の神としてや、産業興隆(紙漉き・鍛冶)などの神として祀られているところもあるそうです。  

 岡本さんのコンサートでは、西宮の万葉歌10首のうち3首に曲をつけて「西宮慕情」、人麻呂の羈旅歌4首を取り上げた「大和島見ゆ」、軽皇子が安騎野に宿られた時に人麻呂が詠んだ歌から「阿騎野寒暁」などが歌われました。
IMG_2922m.jpg
ちなみに後ろの映像に使用していただいたワラビの写真は私が撮影したものです。

 帰りには、参加者全員にお土産として草花の鉢植えが配られました。西宮市のオリジナル植物である「エンジェルス・イヤリング」と命名されたフクシア(アカバナ科フクシア属)も入っていました。花が咲くのが楽しみです。なお、これらは西宮市植物生産研究センターで育成されたものです。




Posted by katakago at 14:45
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml