CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ハギの花 [2012年08月22日(Wed)]
IMG_0109m.jpg

 ハギ(まめ科)の花が咲き始めました。昨年8/20の記事にも書きましたが、ハギは万葉歌に最も多く詠まれている植物です(142首)。このうちいくつかの歌は、昨年8/20(G-1541、G-1598、I-2205)と、昨年9/20(A-231、G-1557)の記事に掲載しています。

 写真では、咲き始めたハギの後方にススキ(穂はこれから)と黄色のオミナエシの花が写っています。いずれも山上憶良の「秋の七種(ななくさ)の歌」に詠まれています。その歌は昨年のフジバカマの記事(9/19)にも掲載していますが、ここでもあらためて載せておきます。
【歌】 秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花 (G-1537)
【口語訳】 秋の野に 咲いている花を 指を折って 数えてみると 七種(ななくさ)の花
【歌】 萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花 (G-1538)
【口語訳】 萩の花 尾花に葛の花 なでしこの花 おみなえし それに藤袴 朝顔の花
 当時、憶良は筑前守で、配下の某郡を巡行中に詠まれたとみられています(『萬葉集釈注』)。秋の七種のうち、既にとり上げているのは、なでしこ(5/25、8/10)・おみなえし(7/2、8/1)くず(8/12)・朝顔(7/3、キキョウとされている)です。藤袴の花は来月以降かと思われます。
Posted by katakago at 09:52
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml