CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
葛城古道を歩く [2012年04月27日(Fri)]
 日本書紀の講座(NHKカルチャー)を受講する仲間で、葛城古道を歩いてきました。天候にも恵まれ、ウォーキングには最適の一日でした(但し今回の参加者は3名)。コースは当初設定のルートの逆回りで以下の順に巡りました(この方が上り道の距離が短くなるとの案内所の助言もあって)。近鉄御所駅(9:47)から「風の森」までバスで移動し、風の森 → 高鴨神社 → 高天彦神社 → 高天原伝承地 → 葛城一言主神社 → 猿目橋バス停(15:55) → 近鉄御所駅に戻りました(所要時間約6時間半、約27,000歩)。 

 田植え前の水田にはレンゲの花が一面に咲いていました。

IMG_1915m.jpg

 高鴨神社は全国の加茂(賀茂・鴨)社の総本宮で、主祭神は阿遅志貴高日子根命(あぢしきたかひこねのみこと)。奈良盆地から吉野の山野まで一望できるこの地は、古代豪族の鴨族発祥の地といわれています。写真は境内にそびえるご神木の杉。
IMG_1921m.jpg

 次の訪れた高天彦神社の祭神は、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)で、ここで昼食をとりました。
 高天彦神社(御所市大字高天)から橋本院(御所市高天)に至る前方に広がる台地一帯が、『記紀』にいう高天原の伝承地といわれています。ここで万葉歌碑を見つけました。
【歌】 葛城の 高間の草野 はや知りて 標刺さましを 今そ悔しき (F-1337)
【口語訳】 葛城の 高間(たかま)の萱野を もっと早く知って 標をすればよかった 残念なことをした
 愛していた女が他人のものとなったことを惜しんだ歌(『新編日本古典文学全集 萬葉集』)。ここで、葛城山を背に集合写真(3人だけですが)を写しました。

IMG_1928m.jpg
IMG_1931m.jpg

 葛城一言主神社の祭神は、葛城之一言主大神と大泊瀬幼武尊(おおはつせわかたけるのみこと、雄略天皇)で、『古事記』に次のような伝承が記されています。雄略天皇が葛城山で狩りをしている時に、一言主大神が天皇と同じ姿で現れ、天皇がそれは一言主大神であることを知り、大御刀・弓矢・百官の衣服を奉献した、とあります。写真は、ご神木の樹齢1200年のイチョウ(乳銀杏と呼ばれる)で、倒木を防ぐための支柱を立てる作業が行われていました。
IMG_1944m.jpg

 境内に万葉学者櫻井満博士揮毫の万葉歌碑がありました。葛城地方は、古代葛城氏の本貫地で、その葛城氏の祖と仰がれ、四世紀末前後の英雄であったとされる、葛城襲津彦の名が詠み込まれています。
IMG_1951m.jpg
 【歌】葛城の 襲津彦真弓 荒木にも 頼めや君が 我が名告りけむ (J-2639)
【口語訳】 葛城襲津彦の使う真弓の 強い新しい木のように 私を妻として頼りにしてくださるので 私の名をお洩らしになったのでしょうか (『萬葉集全注』による)
 なおこの歌関連は、3/6の記事に掲載しています。

Posted by katakago at 22:30
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml