CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
白隠と仙酷W(佐川美術館) [2019年11月30日(Sat)]
IMG_0233m.jpg
 先月初めから、佐川美術館で「白隠と仙酷W」が開催されていましたが、終了間近(12/1まで)の昨日出かけてきました。こちらの美術館を訪れるのは初めてです。1998年3月に、設立母体の佐川急便(株)の創業40周年事業の一環として、琵琶湖を望む近江・守山の地に開設されました(水庭に浮かぶように建てられた3棟の建物からなる)。
IMG_0232m.jpg

 白隠と仙高ヘ江戸時代に活躍した臨済宗の禅僧で、その教えを分かりやすく伝えようとして描いた書画が数多く残されています。今回の展示では入れ替え分も含め白隠の書画は81点。
 これまでも、白隠禅師250年遠諱記念で開催された「禅ー心を形ー」展(京都国立博物館)や龍雲寺(東京・世田谷区)で開催された企画展とトーク講座(「白隠さんと出会う」)で白隠の書画を見る機会がありましたが、今回の展示で初めて見る作品も多くあり出かけた甲斐がありました。

 白隠禅師は江戸中期(1685〜1768)の禅僧で、禅宗の世界では「五百年間出」(500年に一人の傑物)と称えられ、臨済宗中興の祖と呼ばれています。以前にも書いていますが、祖先の一人木田種重(鉄屋庄左衛門 寂堂萬翁元照居士)が白隠禅師を信奉し、その漢文語録『荊叢毒蘂』の刊行に資金援助したり、大仙寺(大阪市中央区)にある石碑の銘文(木田院碑)を白隠に書いてもらったことを知って以来、白隠禅師の事績に関心を持っています。

 白隠禅師関連の記事は以下のURL に載せています。
・自費出版本『木田家のルーツを尋ねるー石碑の銘文に導かれてー』 
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1060
・「禅ー心をかたちに」(京都国立博物館)
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1103
・「白隠さんと出会う」(龍雲寺、東京・世田谷区)
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1178
・白隠禅師の書(軸を入手)
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1194
・白隠禅師シンポジウム(東京・大手町)
 https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1208
Posted by katakago at 16:59
描かれた花々(小磯記念美術館) [2016年12月01日(Thu)]
IMG_5049m.jpg

 神戸市立小磯記念美術館では、「描かれた花々ー小磯良平の植物画を中心にー」と題した美術展が開催中です(10/15〜12/11)。先月から見に行く機会を探っていましたが、体調を崩したり地元行事があったりして、会期も残りわずかとなった今日やっと出かけることが出来ました。
 小磯良平の植物画は、武田薬品工業(株)の月刊機関誌『武田薬報』の表紙として1956年から約13年間にわたって描かれたもので、画材は薬用植物で150点にのぼる。今回は25点が出品されており、画家 小磯良平の描いた植物画とともに、植物分類学者 牧野富太郎の精緻な植物画(16点)も出品され、大変興味深い展示でした。
 会場出口付近に設けられたパネル
ここは写真撮影がOKでした。左上のヒガンバナは、左が小磯良平、右が牧野富太郎の画。
IMG_5047m.jpg

 ヒガンバナの画の部分の拡大
IMG_5038.jpg

 美術館最寄り駅の六甲ライナー アイランド北口駅から見た六甲の山並み
IMG_5053m.jpg
Posted by katakago at 18:15
妻の植物画 [2013年11月07日(Thu)]
IMG_4896m.jpg

 昨日から来週11日まで、川西市立ギャラリーかわにし(阪急川西能勢口駅舎1階)で、朝日カルチャーセンター川西の植物画教室’ラパン・ブラン’の第3回ボタニカルアート展が開催中です。
 妻はこちらのカルチャーセンターでは水墨画とともに植物画の教室にも通っており、私が7年前に自費出版した本『手づくり万葉植物園の四季』の挿絵(ハギ・カタクリ・ヤマユリ・ヒガンバナ・サネカズラ)を描いてくれました。今回の展示では4点を出品させてもらっており、うち秋の画材2点の写真を載せておきます。
 クリ(ぶな科)
IMG_4883m.jpg

 アケビ(あけび科)
IMG_4892m.jpg


Posted by katakago at 20:02
妻の水墨画(山百合) [2012年09月28日(Fri)]
IMG_1330m.jpg

 妻は朝日カルチャーセンター川西教室でボタニカル(植物画)と水墨画を習っていますが、今回、水墨画の講師(林芳辰さん)が主宰される「芳辰会」の合同水墨画展に出品しました(作品は「山百合」)。昨年の「蓮」(記事は10/3)に続き二回目です。
 午前中にカルチャーセンター(中之島)で、毛利正守先生の「古事記にみる出雲神話〜大国主神と歌の物語」を受講した後、水墨画展に立ち寄って来ました。植物を題材にしたものは少なく(他にはコスモス、蓮、ヒマワリ)、ほとんどは風景画でした。講師の作品をはじめ、これまでに大きな賞(文部科学大臣賞)を受賞されている方の作品もあり、墨一色で表現される独特の世界(墨線だけではなく墨を面的に使用し、暈しで濃淡・明暗を表すなど)を味わってきました。
 10/3まで、エルおおさか(大阪府立労働センター)で開催されています。
IMG_1334m.jpg
Posted by katakago at 17:10
妻の水墨画 [2011年10月03日(Mon)]

 夫婦で朝日カルチャーセンターに通っています。筆者は、万葉集(中之島、芦屋教室)と尺八(芦屋教室)を受講し、妻は、ボタニカルと水墨画(川西教室)を習っています。今回初めて、水墨画の講師(林芳辰さん)が主宰される「芳辰会」の合同水墨画展に出品することになりました。写真の蓮が今回の作品です。なお、落款は、中之島教室で万葉集を一緒に受講している方(書家で篆刻も)のご厚意で作成していただいたものです。
 
 会場はエルおおさか(9F)で、10月5日までです。


Posted by katakago at 05:10
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml