CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
系図を読み解く [2015年01月31日(Sat)]
 これまで何度か取り上げている大仙寺木田院碑の前半には、「木田氏は清和源氏源満仲の流れをくみ(弟の満政の時から)、摂津多田郷に在ったが、承久年間の重長の時代に将軍頼経に従って軍功あり、美濃守に任ぜられ美濃木田庄を領し、ここに木田氏が始まった」とあります。
 
 実家に伝わる木田太右衛門家の系図(木田中村之系図と満仲から始まる木田中村之本系図 略傳の二巻)によれば、木田三郎重長(鎮守府将軍従四位下山田治部太輔満政から数えて六代の出羽守従五位重遠三男、濃州東有武郷木田を領す)から始まって、応仁の乱の頃、木田又三郎義且の時に摂州多田庄に帰り塩川氏に仕えたとあります。この系図の奥書によれば、神保元仲の校正で正徳元年(1711)に作成されています。ちなみに、慶応元年(1865)にこの系図を写したものが名古屋大学図書館に所蔵されています。
 写真は木田中村之系図の最初の部分
IMG_0556m-1s.jpg

 上記大仙寺の木田院碑の銘文は宝暦八年(1758)に、白隠禅師によって書かれたものですが、木田氏来歴の個所はこの系図に拠っているものと思われます。その銘文は続けて善氏の時には武士をやめ帰農し現在の多田神社の近くに居を構えたとあり、さらに重躬の代には浪華に移り商業を始めて成功したとあります(鉄屋庄左衛門と称し両替商を営む)。

 この系図作成時期に近い時代の系譜(正しく記載されている可能性が高いと思われる)に注目し、17世紀から18世紀初めの江戸時代の人物について、大仙寺木田院碑や潮音寺(川西市東多田)石碑に登場する人物と照らし合わせることを試みています。
 以下は特にこれまでつながりが明らかでなかった、潮音寺石碑に関わる人物関係を系図の最後の部分で辿ってみました(次の写真参照)。
IMGm.jpg

 潮音寺石碑の銘文には、中村源左衛門(摂州東多田村の人)が叔父の木田高吉(大坂に開いた舖が川崎屋)のもとで働くことになったが、天和三年(1683)十二月六日長崎へ向かう船の海難事故で亡くなった状況(碑文では人柱となったとある)や、生前の業績を称え顕彰する内容が刻まれています。ちなみに潮音寺はこの源左衛門を開基として建てられたお寺で、この石碑はお寺の説明によると、安永三年(1774)に、川崎屋五代目当主の木田徳蔵知義が功徳主として、その縁者代表として中村作右衛門為重が世話役となって立てられたそうです(石碑の最後に木田知義立石とある)。
 上記の系図で、初代鉄屋(庄右衛門尉)を推定し、初代川崎屋の木田高吉(系図では四郎右衛門尉高吉)とその姉に当たる女(中村五郎兵衛妻、作右衛門母)を見つけることが出来ました。中村源左衛門は中村五郎兵衛の子であることより、高吉と叔父・甥の関係であることが明らかとなりました(川崎屋五代目の木田徳蔵知義はこの時点では未記入)。なお、中村家の系譜については、地元郷土史研究家の中西顕三氏が過去帳や墓碑銘などから作成されたものを参考にさせてもらいました。また、潮音寺の先代住職夫人や中村家の子孫の方からも貴重な情報を頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

 同じ頃に大坂へ出て商業を始めた鉄屋と川崎屋は、明和年間(1764〜1771)に川崎屋徳蔵が十人両替となり、安永七年(1778)に木田重寛が、天明元年(1781)には川崎屋三右衛門が十人両替となっています。寛政八年(1796)には木田重厚が十人両替となっています。延享年間(1744〜1747)の調べでは、当時大坂には両替仲間と称されるものが660人、このうち本両替屋24人、更に十人衆と唱え幕府に対し表御用を勤めるもの8名がいたようです。(『大阪商業史料集成 第四輯』「両替屋雑記」より)。

 十人両替については参考までに『日本大百科全書(ニッポニカ)』の解説を引用しておきます。
「江戸時代、大坂の両替商(本両替、南両替、銭両替)を統制するため、本両替仲間の行司から選任され、公用を勤めた代表的両替商。1662年(寛文二年)幕府が初めて小判の買い入れを天王寺屋五兵衛ほか2名の両替屋に命じ、1670年、鴻池、平野屋などを加えてその数が10名となったことから呼称されるようになった。しかし、10名は定数ではなく、7名ないし5名に減少した時期もあった。大坂を中心とした手形取引の統制や金銭相場の監督、本両替中の取り締まりを主業務としたが、幕府御用金調達には大きな役割を果たした。その選任は大坂町奉行が行い、報酬として帯刀が許され、家役が免ぜられた。」(岩橋 勝)

 
これまでの関連記事
・大仙寺の木田院碑
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/783
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/836
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/879
・両替商
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/939
・潮音寺の石碑
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/944




Posted by katakago at 13:53
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/952
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml