CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
木田院碑拓本の表装完成 [2014年08月31日(Sun)]
 大仙寺(大阪市中央区谷町9丁目5-6)にある木田院碑拓本の表装が出来上がりました。早速床の間に掛けてみました。
IMG_5364m.jpg

IMG_5371m.jpg

 木田院碑に関するこれまでの記事は下記のURLに載せています。
大仙寺にある石碑を探し当てた経緯について
      ↓
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/783

木田院碑文について
      ↓
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/879
 そこでふれたように、この碑文全文が掲載されている白隠語録『荊叢毒蘂(けいそうどくずい)』の全訳注が芳澤勝弘先生(花園大学教授)により近く出版されることになっています。詳細はその時点で取り上げるとして、ここでは、『別冊太陽 白隠 ー 衆生本来仏なり』(2013.1.14発行)で、芳澤先生が書かれている「白隠の言葉」より、以下の個所(碑文の後半部分にあたる)を引用させていただきました。
 『荊叢毒蘂』「木田院碑」には「小を得て満足してはならない。修行が進めば進むほど、さらに研鑽せねばならない。永遠の四弘誓願の精神によって、生きとし生けるものを救済せよ。それを菩提心というのだ。いくら仏教の深奥を学びつくし、万善を行じつくしても、菩提心がなければ、最終的には魔道に落ちるのである」とのべる。
 参考までに、四弘誓願(しぐせいがん)について、同じく芳澤先生が同書の「白隠の禅とは」に書かれているのを掲載させていただきます。
一、衆生は無辺なれども、誓って度(すく)わんことを願う。
二、煩悩は無尽なれども、誓って断たんことを願う。
三、法門は無量なれども、誓って学ばんことを願う。
四、仏道は無上なれども、誓って成ぜんことを願う。
 芳澤先生によれば、白隠が最終的に求めたものは、悟りを求めるとともに、他者をも救っていこうとする「菩提心」であり、その精神を表したものが、すべての仏教でいわれるところの「四弘誓願」である、とあります。
 現在の我が家の宗派は浄土宗で、この四弘誓願も檀信徒勤行経典のなかの總願偈(そうがんげ)にでておりこれまで唱えては来ましたが、その意味するところについて深く考えることもありませんでした。これを機にあらためてその教えを考えてみたいと思います。








Posted by katakago at 15:36
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/890
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml