CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
マチカネワニ(大阪大学総合学術博物館展示) [2013年12月15日(Sun)]
 大阪大学総合学術博物館の正面
IMG_5133m.jpg

 博物館のエントランスに飾られた化石の復元骨格
IMG_5134m.jpg

 大阪大学総合学術博物館では、現在「緒方洪庵・適塾と近世大坂の学知」と題する特別展が開催されていますが、3階の常設展示室には、日本で発見された最初のワニの化石が展示されています。今回の特別展の機会にあらためて見学しました(解説も詳細に読みました)。この化石は、1964年(昭和39年)5月に、阪大豊中キャンパスの理学部建設現場から発見されたものです。
 カスリ火山灰にあたる層準から出土し、生息した時代は40〜50万年前の更新世中期ごろと考えられています。頭骨の長さが1mを越え、ワニ類の中でも大型(体長6.9〜7.7m、体重1.3t)に属しています。1965年に、クロコダイル科のマレーガビアル属の新種のトミストマ・マチカネンセと命名されました(出土地の豊中市待兼山町の名をとって)。これ以降「マチカネワニ」と呼ばれています。その後の再研究により(1983年の論文)、マレーガビアル属ではなく新しい属のワニであることが示され、トヨタマヒメイヤ・マチカネンシス(Toyotamaphimeiya machikanensis)と再命名されました(爬虫類学分野の国際学術誌Copeia,1983(1)に掲載)。この属名は、『古事記』の神話に出てくるワニの化身とされる豊玉毘売(とよたまびめ)から名付けられたそうです(今回初めて知りました)。

 『古事記』上巻の豊玉毘売の出産のくだりに、「爾くして、方に産まむとする時に、その日子に白して言ひしく、『凡そ他し国の人は、産む時に臨みて、本つ国の形を以て産まむぞ。故、妾(あれ)、今本の身を以て産まむと為。願ふ、妾を見ること勿れ』といひき。是に、其の言を奇しと思ひて、窃かに其の方に産まむとするを伺へば、八尋わにと化りて、匍匐(はらば)ひ委虵(もごよ)ひき。」とあります。
Posted by katakago at 17:08
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/753
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml