CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ススキの穂 [2013年12月02日(Mon)]
IMG_2687m.jpg

 ススキは、万葉歌には、すすき(原文は須為寸などと表記)または、をばな(原文は尾花)として詠まれています(秋の七種の一つとしても)。ここでは季節分類の巻十の秋の相聞より次の歌(柿本朝臣人麻呂歌集歌)を載せておきます。
【歌】 秋の野の 尾花が末の 生ひなびき 心は妹に 寄りにけるかも (I-2242)
【口語訳】 秋の野の 尾花の穂先が 風になびいているようにひたむきに 心はあなたに ひたすら寄ってしまったよ
 上三句「秋の野の尾花が末の生ひなびき」までが、下二句を起こす序詞で、類歌に次のような歌があります。
【歌】 明日香川 瀬々の玉藻の うちなびく 心は妹に 寄りにけるかも (L-3267)
【口語訳】 明日香川の 瀬々の玉藻のように ひたむきに 心はあなたに なびき寄ってしまった
 ここでは上二句「明日香川瀬々の玉藻の」が「うちなびく」を起こす比喩の序詞となっています。

 ススキの写真をもう一枚
IMG_2697m.jpg


 ススキが詠まれた万葉歌で、これまでに取り上げたものは下記のURL に掲載しています。
【歌】 めづらしき 君が家なる はだすすき 穂に出づる秋の 過ぐらく惜しも (G-1601)
         ↓
 https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/197

【歌】 さ雄鹿の 入野のすすき 初尾花 いつしか妹が 手を枕かむ (I-2277)
         ↓
 https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/465
Posted by katakago at 06:51
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/743
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml