CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
9月の植物園見学会 [2013年09月20日(Fri)]
 6月、7月に続き今月も9/18から3日間植物園の見学会を開催しました。
 先に、万葉集友の会(今年の三月まで梅花学園生涯学習センターで市瀬雅之先生の万葉講座を受講していた有志の集まり)の第4回例会を、9/19に植物園の見学会として開催することが決まっていたので、これに合わせてその前後(9/18・9/20)に一般の方にも案内を差し上げました。
 幸い三日間とも天候に恵まれ、秋の風情を楽しんでいただけたかなと思っています。ヒオウギやハマユウの種の採集もして頂けました。

 (9/18) 分園の畑ではハマユウが未だ咲いていました。
IMG_4339m.jpg

 (9/19) 裏山で見つけたサネカズラの花
IMG_2027m.jpg

 サネカズラが詠まれた万葉歌(解説は下記のURLに掲載)
【歌】 さね葛 後も逢はむと 夢のみを うけひ渡りて 年は経につつ (J-2479)
【口語訳】 (さね葛) 後にでも逢わせ給えと 夢占(ゆめうら)だけを 頼みにし続けて 年は過ぎてゆく
           ↓
 https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/451

 (9/19) 裏山での散策の様子(斜面の下り坂で)
IMG_4340m.jpg

 (9/19) 実がなっているナツメの木の傍で(ナツメの実はリンゴのような味がするので試してもらいました)
IMG_4345m.jpg

 ナツメが詠まれた万葉歌(解説は下記のURLに載せています)
【歌】 玉箒 刈り来鎌麻呂 むろの木と 棗が本と かき掃かむため (O-3830)
【口語訳】 玉箒を 早く刈って来い鎌麻呂よ むろの木と 棗の木の本を 掃除するために
          ↓
 https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/163

 (9/20) クリの木の傍で(クリの実に関心があるようです)
IMG_4353m.jpg

 クリのイガには実が三つ入っています。
IMG_2077m.jpg

 クリが詠まれた万葉歌から(解説は下記のURLに載せています)
【歌】 三栗の 那賀に向かへる 曝井の 絶えず通はむ そこに妻もが (H-1745)
【歌】 三栗の中 その中ではないが那賀に向き合っている 曝井の水の絶えないように 絶えることなく通って来たいものだ その曝井の近くに私のいとしい妻がいればよいのに
         ↓
 https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/164
        
Posted by katakago at 20:15
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/701
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml