CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
百合となでしこ [2013年07月12日(Fri)]
IMG_1711m.jpg

 今月5日に蕾の写真を掲載したヤマユリが咲き始めました。
オニユリも咲いています(花はコオニユリに似るが葉腋に珠芽が出来る)。
IMG_1716m.jpg

 この時期、カワラナデシコの大部分は一旦咲き終わっていますが、一部の株で未だ花が見られます。
IMG_1732m.jpg

 万葉歌に、大伴家持が百合となでしこを詠んだ歌があります(庭の中の花の歌一種と短歌)。
【歌】 大君の 遠の朝廷と 任きたまふ 官のまにま み雪降る 越に下り来 あらたまの 年の五年 しきたへの 手枕まかず 紐解かず 丸寝をすれば いぶせみと 心なぐさに なでしこを やどに蒔き生ほし 夏の野の さ百合引き植ゑて 咲く花を い出見るごとに なでしこが その花妻に さ百合花 ゆりも逢はむと 慰むる 心しなくは 天離る 鄙に一日も あるべくもあれや (Q-4113)
【口語訳】 大君の 遠い公吏として 遣わされた 職務に従い 雪の降る 越中に下って来 (あらたまの) 五年の任期間 (しきたへの) 妻の手枕もせず 紐も解かず 丸寝をすると 辛気くさいので 気晴らしに なでしこの種を 庭に蒔き生やし 夏の野の 百合を引き植えて 咲く花を 出て見るたびに なでしこのような 花妻の大嬢に ゆりの花の ゆりー後には逢えようと 気を紛らす ことでもなければ (天離る) 鄙に一日でも いられるものか
 左注には閏五月二十六日とあり太陽暦の7月15日頃に詠まれたようです。家持が赴任先の越中で都に残した妻(坂上大嬢)を思い、独り身の寂しさを慰めるためになでしこの種を蒔き、百合を移し植えた、と詠まれています。
 なお、「さ百合花 ゆりも逢はむと」のさ百合花は、同音でゆり(後の意)にかかる枕詞。

 反歌二首のうち、なでしこを詠んだ歌は、一昨年の記事に載せています。
【歌】 なでしこの 花見るごとに 娘子らが 笑まひのにほひ 思ほゆるかも(Q-4114)
           ↓
  URL https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/109

Posted by katakago at 09:40
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/660
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml