CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
シダレヤナギ [2013年03月24日(Sun)]
IMG_3442m.jpg

 池の傍では、春の日差しを浴びてシダレヤナギの花穂が風に揺れています。
万葉歌には、巻十の春の相聞に次のような歌が詠まれています。
【原文】 春去 為垂柳 十緒 妹心 乗在鴨 (柿本朝臣人麻呂歌集 I‐1896)
【読み下し文】 春されば しだり柳の とををにも 妹は心に 乗りにけるかも 
【口語訳】 春になると、若葉の萌え出たしだれ柳の枝がしなうように、私の心もしなうほどに、あの娘のことが、いっぱいに心を占めてしまったよ。(『萬葉集全歌講義』より)
 「春されば しだり柳の」は三句の「とををに」にかかる序詞(比喩でかかっている)。なおこの歌は、人麻呂歌集歌では原文表記で助詞が省略された略体歌です。

 昨年のシダレヤナギの記事には別の歌を載せています。
      ↓
 URL https://blog.canpan.info/inagawamanyo/daily/201204/02
Posted by katakago at 13:50
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/555
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml