CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
コウヤボウキの花 [2012年10月17日(Wed)]
IMG_1520m.jpg
 裏山に自生しているコウヤボウキ(きく科)が花を咲かせ始めました。
 万葉歌で、たまばはき(原文は多麻婆波伎・玉箒と表記)として詠まれています。昨年10/20の記事に、大伴家持が天平寶字二年(758)に詠んだ歌の解説を載せていますが、ここでも再録しておきます。この歌では、植物そのものを詠んだのではなく、コウヤボウキの茎を束ねて作られた玉箒(儀式用に諸種の色ガラスが付けられている)が詠まれています。
【歌】 始春乃 波都祢乃家布能 多麻婆波伎 手尓等流可良尓 由良久多麻能乎 (S-4493)
【読み下し文】 初春の 初子の今日の 玉箒 手に取るからに 揺らく玉の緒
【口語訳】 正月の 初子の今日の 玉箒 手に取るだけで ゆらゆらと鳴る玉の緒よ
Posted by katakago at 11:05
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/487
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml