CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
栗の実 [2012年09月07日(Fri)]
 石見万葉旅行に出かけている間に、あちこちで草ががっくりするほど伸びていました。今月中旬には植物園の見学が二組あるので、気を取り直して草刈りに励んでいます。隣地との畔の草刈りを優先して、今日は果樹園の下草刈りです。炎天下の作業は危険なので、朝夕の2時間ほどの作業のため、ここだけでも2日がかりとなりそうです。

 作業中に、早くも栗のイガが落ちているのに気付き、周りをよく見渡すと草むらの中にクリの実が転がっていました。写真は今日拾ったものです。品種は丹沢で早生栗の代表種です。丹沢以外には、筑波・銀寄せ(収穫時期は9月下旬から10月上旬の中生栗)も植えています。
IMG_0876m.jpg

 万葉歌にはクリは三首詠まれています。うち一首は山上憶良の「子等を思ふ歌」(D-802)に、「瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ ・・・・」と詠まれています(昨年6/19のマクワウリの記事参照)。
 あとの二首は、「三栗の 那賀に向かへる」(H-1745)や「三栗の 中上り来ぬ」(H-1783)のように用いられています。これは、一つのいがの中に栗のの実が三つできる(写真)ことから、その真ん中に注目して、同音のナカにかけた枕詞として用いられています(昨年9/9記事参照)。  
IMG_0872m.jpg
Posted by katakago at 19:58
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/450
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml