CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
クログワイ [2012年08月09日(Thu)]
IMG_0218m.jpg

 今朝、クログワイ(かやつりぐさ科)の苗を入手しました。6月にヒルムシロとヒシの苗を探してくれた方が、今回も見つけて届けて下さいました。早速ポットに植えて蓮池の片隅に置床しました。
 クログワイは、水田や池溝・沼沢の水中に生える多年草で、秋に地下茎の先に小塊茎ができ、これが黒いのでクログワイと言うようです。この塊茎は食用になるそうです。

 クログワイは、万葉歌では、ゑぐ(原文は佪具・恵具と表記)として2首詠まれています。そのうちの1首を載せておきます。
【歌】 あしひきの 山沢ゑぐを 摘みに行かむ 日だにも逢はせ 母は責むとも (J-2760)
【口語訳】 (あしひきの) 山沢のえぐを 摘みに行く 日ぐらいは逢っておくれ お母さんに叱られても
 詠み手は女性説と男性説がありますが、『萬葉集全歌講義』の解説には、「日だにも逢はせ」の表現は、日ごろ、母の厳しい監視のもとで男と逢おうとしない娘子に、せめて山で作業をする日だけでも、と相手を説得しているところは、男性の歌らしい、とあります
Posted by katakago at 21:20
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/426
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml