CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ケイトウ [2012年07月19日(Thu)]
IMG_3794m.jpg 
 ケイトウ(ひゆ科)の花が咲き始めました。いずれも昨年植えていた株のこぼれ種が発芽したものです。ケイトウは染料として移入され(韓渡来の藍)、観賞用としても栽培されていたようです。
 万葉歌には、からあゐ(原文は韓藍・鶏冠草などと表記)として4首詠まれています。うち3首は昨年7/27(F-1362)と8/24(I-2278、B-384)の記事に掲載しています。ここでは別の歌を紹介しておきます。

【歌】 隠りには 恋ひて死ぬとも み苑生の 韓藍の花の 色に出でめやも (J-2784)
【口語訳】 ひっそりと 恋い死ぬことはあっても お宅の庭の 鶏頭の花のように 色に出したりなどしましょうか
 「み苑生の韓藍の花の」は、ケイトウの花の汁を染料にしたことから、「色ニ出ヅ」を起こす比喩の序で、「色ニ出ヅ」は、思っていることを態度や言葉に表すことです。
Posted by katakago at 18:07
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/405
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml