CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ネムノキの花 [2012年06月26日(Tue)]
IMG_3219m.jpg

 ネムノキ(まめ科)の花が咲いています。万葉歌には、ねぶ(原文は合歓木と表記)として三首詠まれています。昨年7/3の記事にも写真と万葉歌(G‐1461,1463)を掲載していますが、ここでは残りの一首を紹介します。

【歌】 我妹子を 聞き都賀野辺の しなひ合歓木 我は忍び得ず 間なくし思へば (J-2752)
【口語訳】 いとしいあの子のことをずっと聞き続けたいと思う、そのキキツガではないが、都賀野辺のしなった合歓木(ねむのき)のように、私は恋心を抑えることができない。絶え間なく思っているので (『萬葉集全歌講義』より)
 「我妹子を聞き都賀野辺の」の「我妹子ヲ聞キ」は、恋人のことを聞キ継ガム(続けて聞きたい)の意で、地名「都賀野」に掛けた序詞です(『新編日本古典文学全集 萬葉集』より)。
Posted by katakago at 06:40
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/380
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml