CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
率川神社の三枝祭(さいくさのまつり) [2012年06月17日(Sun)]
 奈良市の率川(いさがわ)神社で、毎年6月17日に執り行われる例祭は、三枝祭(さいくさのまつり)として知られています。神社の縁起によれば、その起源は古く文武天皇の大宝元年(701)制定の『大宝令』には、既に国家の祭祀として規定されており、本社の大神神社(桜井市)で行われる鎮花祭(はなしずめのまつり)と共に、疫病を鎮めることを祈る祭りとのことです。
 御祭神の媛蹈鞴(ひめたたら)五十鈴姫命(神武天皇の皇后)は、三輪山の麓を流れる狭井川のほとりに住まわれ、そこにはたくさんのササユリが咲いていたと伝えられ、その縁故により、後世になって御祭神をお慰めするために、酒樽にササユリの花を飾ってお祭りするようになったとのことです。

 ユリは万葉歌にも詠まれ、植物園ではササユリも栽培し、今月は何度かその写真も掲載していますが、以前から一度この「三枝祭」を見てみたいと思っていました。昨日の雨も上がったので引き続き今日(6/17)も奈良に出かけてきました。

 神事は10:30開始でしたが、見学場所を確保するため少し早めに出かけました。但し、一般人はロープで仕切られた社殿後方から見学することになっていました(中へ入れるのは神社の氏子や「ささゆりの会」の会員)。
 今日の神事に使用されるササユリは、大神神社から昨日(宵宮祭)こちらに運ばれたそうです。巫女がササユリを手に舞を奉納するシーンを撮影しようとしましたが、後方からでは内部の様子を見るのが困難でした。次の写真はかろうじて撮れた一枚です。

IMG_3062m.jpg

 内部の様子を知らせるモニターが各所に設置されていました(次の写真の右上)。
IMG_3207(EOS)m.jpg

 次の2枚はモニターの画面を撮ったものです。
IMG_3068m.jpg

IMG_3070m.jpg

 南都銀行のショーケースにはこの神事で供えられる品々のセットが飾られていました(造花と模型)。
IMG_3088m.jpg


Posted by katakago at 16:59
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/372
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml