CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ヤマブキ [2012年04月15日(Sun)]
IMG_1630m.jpg

 ヤマブキ(ばら科)の花が咲き始めました。写真と万葉歌(A-158)は昨年5/5の記事で紹介していますが、ヤマブキは集中17首詠まれていますので、ここでは別の歌を取り上げます(原文は山振・夜麻夫伎などと表記)。
【歌】 かはづ鳴く 神奈備川に 影見えて 今か咲くらむ 山吹の花 (厚見王 G-1435)
【口語訳】 蛙の鳴く 神名備川に 影を映して 今頃咲いていることであろうか 山吹の花が
 巻八の「春の雑歌」に入れられています。「かはづ」は「かえる」の歌語で、この歌では清流に棲み鳴き声のよい河鹿(かじか)をさしています。神奈備川は、神奈備の地(神のおられる所)を流れる川の意で、竜田川と飛鳥川のいずれかと考えられています。
 『萬葉集全歌講義』では、「作者は神なび川から遠く離れた所で山吹の花が美しい姿を水に映して咲いている様子を想像している」とあります。
Posted by katakago at 17:49
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/309
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml