CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ヤブコウジ [2011年11月21日(Mon)]

 裏山の植物園では、ヤブコウジ(やぶこうじ科)が赤い実を付けています。万葉歌では、やまたちばな(原文は山橘・夜麻多智婆奈と表記)として5首詠まれています。ここでは次の歌を紹介します。
【歌】 あしひきの 山橘の 色に出でて 我は恋ひなむを 人目難みすな (J-2767)
【口語訳】 (あしひきの) 山橘のように 色に出して わたしは恋することにするが おまえも人目を気にしないがよい
 「色に出でて」は、この歌では、言語や素振りに出しての意で、『萬葉集全歌講義』によれば、「周囲の思惑も気にせず相手への恋心を鮮明にする男が、相手にも人目を気にせず自分の恋を承け入れるよう求めた歌」とあります。

 同様の表現の歌として、次の一首があります。
【歌】 あしひきの 山橘の 色に出でよ 語らひ継ぎて 逢ふこともあらむ (春日王 C-669)
【口語訳】 (あしひきの) 山橘のように 思いを口に出してしまえ 人が語り伝えてくれて 逢えることもあろう

 なお、上記二首の「あしひきの 山橘の」は「色」をひきだす序詞で、「山」にかかる枕詞(あしひきの)を含むので有枕序詞といわれます。
Posted by katakago at 19:02
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/232
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml