CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
万葉植物画展と講演会(平城宮いざない館) [2022年04月30日(Sat)]
IMG_4756.JPG

 昨日(29日)、平城宮いざない館で開催中の「万葉植物画展」に出かけてきました。午後に、山中麻須美氏(英国キュー王立植物園のボタニカルアーティスト)の講演が予定されており以前から申し込んでいました。
 この展示会に際し、77点の植物画に掲載されるキャプションでそれぞれの植物が詠まれた万葉歌の解説を担当させていただいたので、その前の早い段階で一度植物画展を見に出かけたいと思っていましたが、4週間に及ぶ裏山の整備作業やその後の畑の草刈りなどで、開催から一か月も経ってしまいました。事前に入手した図録でそれぞれの植物画は見ていましたが、実物大で精密に描かれた作品は迫力がありました。これらの作品の中には、アサザ、ベニバナ、ネコヤナギなど、作画担当の方が私どもの植物園に何度か足を運ばれ、生育状況を熱心に観察しながらサンプルも持ち帰られて制作に取り組まれたものもあります。是非多くの方に、展示会に原画を見に来て頂ければと思います(平城宮跡での会期は5月18日まで、以後全国巡回予定)。
 午後の講演会では、山中氏が「ボタニカルアートの世界〜英国キュー王立植物園の植物画〜」と題して、パワーポイントを使用しながらキュー植物園所蔵の植物画の紹介をされました。その中で、日本からのものとして『本草図譜』があげられ、英国に伝わった経緯について伊藤圭介や孫の篤太郎の名が紹介されました。これらの人物は、最近読んだ朝井まかて著『ボタニカ』で、牧野富太郎が明治14年に上京し訪ねた植物学者として登場しており興味深くお聴きしました。

 この日はあいにくの雨でしたが、久しぶりに平城宮跡を訪れたので、植物画展の前に人影もまばらな宮跡を散策しました。
 復原された第一次大極殿院大極門(南門)と左後方は大極殿
IMG_4750.JPG

 大極門(南門)全景(着手は2017年11月)
IMG_4741.JPG

 大極殿側から見た朱雀門(手前を近鉄電車が走行中)
IMG_4743LS.JPG
Posted by katakago at 10:16
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1807
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml