CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ホオノキの花 [2021年04月25日(Sun)]
 万葉歌に、ホオノキ(モクレン科)が詠まれており、畑に苗木を植えていますが、花が咲くまでにはまだ大分かかりそうです。
 日本植物画倶楽部会員の方から、お住いの近くにホオノキのあることを教えていただきました。川西市赤松字北谷97の高原寺(浄土真宗本願寺派)の墓地の入り口に植えられています。昨年は花の時期を逸してしまい、今年こそは花の写真を撮れればとここ二週間、日曜日毎に現地に通いました。二週間前はまだ蕾、一週間前は葉は展開するも蕾の状態で、今朝、ようやく咲き始めた花の写真を撮ることが出来ました。
 二週間前(4月11日)の様子
IMG_4620m.jpg

 一週間前(4月18日)の様子
IMG_4651m.jpg

 今日(4月25日)の様子
IMG_4738m.jpg

IMG_4702m.jpg

IMG_4718m.jpg

 ホオノキの葉(朴葉)は食物を盛ったり包んだりするのに用いられ、万葉歌では、「ほほがしは」と詠まれています。
【歌】 我が背子が 捧げて持てる ほほがしは あたかも似るか 青き蓋 (講師僧恵行 巻十九・4204)
【口語訳】 長官が 捧げて持っておられる ほおがしわの枝は そっくりですね 青いきぬがさに
 題詞によれば、折り取った保宝葉(ほほがしは)を見て作った歌二首の一首目。二首目は、
【歌】 皇祖(すめろき)の 遠き御代御代は い敷き折り 酒飲むといふそ このほほがしは
 (大伴家持 巻十九・4205)
【口語訳】 古の 天皇の御代には 折り畳んで 酒を飲んだそうですよ このほおがしわは
 一首目の「我が背子」は家持を指し、「蓋(きぬがさ)」は貴人の後ろから差し掛ける柄のついた織物の傘(一位は深緑色)で五位には用いられないが、従五位下の家持が持つほおの葉を一位の人が用いる蓋のように詠って、宴の主人(あるじ)家持をほめ讃えたとみられています。
Posted by katakago at 14:38
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1732
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml