CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
三栗の中 [2017年09月25日(Mon)]
IMG_0539m.jpg

 万葉歌にクリは三首詠まれており、果樹園で栽培しています。早生の品種の「丹沢」はすでに収穫が終わり、中生の品種の「筑波」と「銀寄」が収穫時期を迎えました(写真は筑波)。
 万葉歌では、山上憶良の子等を思う歌がよく知られています。
【歌】 瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来たりしものそ まなかひに もとなかかりて 安眠(やすい)しなさぬ (巻五・802)
 後の二首は、中に掛かる枕詞として「三栗」が詠まれています。その例を次にあげておきます。
【歌】 三栗の 那賀(なか)に向かへる 曝井の 絶えず通はむ そこに妻もが (巻九・1745)
【口語訳】 (三栗の) 那賀の真向かいにある 曝井のように 絶えることなく通おう そこに恋人がいたらよいのに
 この歌で、「三栗の」は、地名「那賀」の枕詞として用いられています。『新編日本古典文学全集 萬葉集』の頭注によれば、「三栗は、一つのいがの中に三個の実ができる栗の意。その中央にある、の意でナカに続けた」とあります(ただし、実際は、一個や二個のものもありますが)。
類例としては、カシの実は一個なので、「・・・・橿の実の ひとりか寝らむ・・・・」(1742)のように、「橿の実の」は「ひとり」の枕詞として用いられています。

 この時期畑の周辺ではヨメナ(きく科)の花が咲きだしました。他にイヌタデやシロバナサクラタデが咲いています。
 ヨメナの花とイヌタデ
IMG_0534m.jpg

 シロバナサクラタデ
IMG_0535m.jpg

 初夏に花を咲かせたアサザがまた咲き始めました。
IMG_0532m.jpg
Posted by katakago at 13:42
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1299
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml