CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
鳥取の万葉歌碑 [2016年05月22日(Sun)]
 せっかく鳥取まで来たので、因幡万葉歴史館や万葉歌碑・国庁跡・国分寺跡などを巡ってきました。
 鳥取市国府町庁195付近の万葉歌碑(大正11年建立) 
IMG_3948m.jpg
 
 天平宝字三年(759)正月一日に、大伴家持(当時42歳)が因幡の国守として、国庁で国や郡の役人たちを饗応した宴のおりに詠んだ歌 ー『万葉集』最後の歌
 この饗宴は、規定による公的な行事で、儀制令に「凡そ元日には、国司皆僚属郡司等を率(ひき)ゐて、庁に向ひて朝拝せよ。訖(をは)りなば長官、賀を受けよ。宴設くることは聴(ゆる)せ」とある(岩波文庫『万葉集』より)。
【歌】 新 年乃始乃 波都波流能 家布敷流由伎能 伊夜之家餘其騰 (S‐4516)
【読み下し文】 新しき 年の初めの 初春の 今日降る雪の いやしけ吉事 
【口語訳】 新しい 年の初めの 正月の 今日降る雪のように もっと積もれ良い事
 この日は19年に一度の歳旦立春にあたり、正月の大雪は豊年の瑞兆とされた。
 歌碑拓本の複製(国府文化協会より購入)の写真
IMG_4004m.jpg

 因幡万葉歴史館中庭にある同じ歌の歌碑(揮毫は犬養先生)
IMG_3939m.jpg

 因幡万葉歴史館では自転車の無料貸し出しがあり、これを利用して国庁跡や国分寺跡も巡りました。
 因幡国庁跡(正面の山は面影山)
IMG_3971m.jpg

 因幡国分寺跡の礎石
IMG_3963m.jpg

Posted by katakago at 22:07
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1121
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml