CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
犬養万葉記念館 春の行事(万葉植物野外講座) [2016年04月03日(Sun)]
 昨日、南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館の春の行事があり参加しました。今回は、講師の馬場吉久氏(全国万葉協会役員、万葉植物研究家)の案内で、飛鳥西側の「越」周辺(午前中のコース)の万葉歌碑や古墳を見学しながら、散策ルートで見られた春の万葉植物の観察と万葉歌を味わいました。
 近鉄岡寺駅集合(10:10) →牟佐坐神社・人麻呂挽歌歌碑 → 白橿近隣公園・三山万葉歌碑・沼山古墳 → 牽牛子塚古墳・越塚御門古墳 → 許世都比古命神社 → 岩屋山古墳 → 飛鳥駅(昼食)→ 吉備姫王墓・猿石 → 欽明天皇陵 → 檜隈川万葉歌碑 → 鬼の雪隠・展望台・鬼の俎 → 天武持統合葬陵 → 大鳥羽易山万葉歌碑 → 川原寺万葉歌碑 → 飛鳥川玉藻万葉歌碑 → 犬養万葉記念館(15:30位に到着)

 牟佐坐(むさにいます)神社傍の歌碑
柿本人麻呂の泣血哀慟歌の長歌の後半(A-207)
IMG_3642m.jpg

 散策コースのあちこちでソメイヨシノが満開でした
IMG_3647m.jpg

 沼山古墳脇の大和三山万葉歌碑(久松潜一揮毫) 右クヌギの木の後方には畝傍山
IMG_3653m.jpg
中大兄の三山(みつやま)の歌(長歌と反歌)
【長歌】 香具山は 畝傍雄雄しと 耳梨と 相争ひき 神代より かくにあるらし 古も 然にあれこそ うつせみも 妻を 争ふらしき (@-13)
【反歌】 香具山と 耳梨山と あひし時 立ちて見に来し 印南国原 (@-14) 

 沼山古墳(渡来系の人の墓か)
IMG_3658m.jpg

 沼山古墳の石室(片袖の横穴式石室)
IMG_3655m.jpg

 牽牛子塚(けんごしづか)古墳
IMG_3664m.jpg

 石室内部
墓室は巨大な凝灰岩をくり抜いた横口式石槨で、中央部に間仕切部を削りだす二室の構造 
IMG_3662m.jpg

 説明パネル
IMG_3666m.jpg

 現地説明会当時(2010年9月)のパンフレット(明日香村教育委員会)より
IMGm.jpg

 牽牛子塚古墳は斉明天皇と間人(はしひと)皇女の合葬墓と考えられており、この古墳の南東部で新たに発掘された越塚御門古墳は、斉明天皇の孫大田皇女の墓とみられている。関連記事は、
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/239
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/534

 岩屋山古墳
改葬前の斉明天皇陵とする説(白石太一郎先生)もある
IMG_3668m.jpg

 展望台から鬼の雪隠(写真左下)を望む
IMG_3672m.jpg

 羽易(はがひ)の山の万葉歌碑(坂本信幸先生揮毫)の前で解説を聴く
IMG_3674m.jpg

 羽易の山(写真左から龍王山、三輪山、巻向山)遠望
IMG_3675m.jpg

歌碑の解説記事は次の記事を参照
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/259

 桜の花が咲く橘寺遠望
IMG_3676m.jpg

Posted by katakago at 18:24
この記事のURL
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1095
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml