• もっと見る

2022年11月30日

芋井グリーンモンスター活用プロジェクトVol1

IMG_1481.JPG
(芋井地区の葛(撮影は9月))
長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は26日、長野市芋井地区地域おこし協力隊の岸さんの呼びかけに応え、雑草の帝王とも呼ばれる「葛(通称:グリーンモンスター)」を活用した地域おこしプロジェクト「芋井グリーンモンスター活用プロジェクト」に取り組みました。

▼「葛」を芋井地域活性化の資源にできないか!
IMG_2345.jpg
(葛根掘り出し前の元気な岸さん(写真左)と運営スタッフでシニア大OBの北原さん(写真右))
このプロジェクトは、「厄介者の葛つる」を「葛粉にして活用」し、「地域の特産品開発」につなげようという、岸さんが考案したプロジェクトです。「荒廃地対策」にもつながる要素も内包されているため、いもい農場の目指す「荒廃農地の削減と観光振興による芋井地区のファンづくり」に合致。いもい農場の活動に位置づける前段階として、先ずは運営スタッフで試験的に取り組み、リスクの洗い出しを行いました。

▼雑談100%、おしゃべりに花が咲く葛根「掘り出し中!」
IMG_2346.jpg
(ツルハシ・レーキ・シャベルを駆使して、気ままに根を張る葛根を掘り出す二人)
葛根掘り出しは北原さん、事務局の西沢含めて初体験。小春日和であったため、汗ばみながら葛根を傷つけないよう、掘り出していきました。掘り出し作業は単調ではあるものの、あれこれおしゃべりをしながら、交代しながら作業を進めました。おしゃべりをしながらの作業は、時間と疲れを忘れるほど、のんびりと進めることができました。


▼先ず先ずの収穫!?
IMG_2347.JPG
(土中から掘り出した葛根)
作業開始して2時間ほどで、太いと思われる葛根を掘り出しました。今後、繊維状にほぐし、繊維は漉し器を使って洗います。その洗い水に含まれる沈殿物が葛粉で、漉す作業を繰り返して、きれいな葛粉を抽出を行います。お菓子作りには、いもい農場の子どもたちも関わりながら進める予定です。

▼観光振興の拠点を目指す古民家で昼食交流
IMG_2349.JPG
岸さんのご自宅の隣には、立派な古民家があります。岸さんは、その古民家を活用して芋井地区を盛り上げる取り組みを推進しています。
作業終了後、あたたかな日差しが届く部屋の中で昼食をいただき、いもい農場の取り組みや岸さんの地域振興の任務についてあれこれ話し合いをしました。葛根を掘り出すのと同じくらい、おしゃべりにもエネルギーを費やし、楽しい時間を過ごすことができました。

今後の取り組みもレポートしていきます。お楽しみに!
posted by 西沢 at 22:59| Comment(0) | 活動こぼれ話

2022年11月27日

「2022年度第14回活動レビュー」参加いただいたみなさんとともに!

長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、11月19日に開催した活動で参加者から感想をお寄せいただきました。参加者の声を主役に、どのような活動が開催したのかを紹介するコーナーとして、「参加いただいたみなさんとともに!」をお届けします。ぜひご覧ください。

00LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_42.jpg
(感謝の気持ちを込めて、みんなで「いただきます!」)

(Aさん)
天候に左右される農業というお仕事は、本当に大変だと身に沁みました…。初のリンゴ収穫体験は、とても楽しく勉強になりました。

00LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_113.jpg
(カレーを煮込む子ども)

(Bさん)
カレー、その他の食事を大変おいしくいただきました。畑の後片付けまで、全部出来なかったのが残念だったけども、リンゴ収穫、文字絵リンゴ、餅つき…。盛りだくさんで、たくさんのお土産をいただき、充実した1日でした。コロナ禍が去り、今回のような活動が(もっと)できれば、と思います。地域の農家さんとのコラボができたことが、とても良かったと感じています。次回の山楽会プレゼンツも楽しみです。

00LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_110.jpg
(運営スタッフでユースリーチの学生と料理)

(Cさん親子)
・収穫祭では、改めて、皆で食べる料理のおいしさ、作ってくださる方がいて、真心のこもった料理のありがたさ、おいしさを感じることができました。
・リンゴのデザートがすごくおいしかったです。(6歳)
・山口さんの大切に育ててきたりんごの収穫体験という、貴重な機会をいただきました。おじいさん(山口 計さん)から直接お話をお聞きすることもでき、お分けいただいたリンゴも味わって食べました。
00IMG_2288.JPG
(リンゴの収穫方法を参加者へ伝える山口さん)

(Dさん)
リンゴの収穫は何度か体験したことがあったのですが、軸を残して取る方法は初めて知りました。子どもは自分が(赤く色付けをする銀フィルムの)シート外しや、摘果をした特別なリンゴだと、喜んでたくさん食べています。餅つき体験もとても楽しかったと、絵日記に描いていました。いつもながら、おいしいお料理、ありがとうございます。とれたて野菜料理が大好きです。

00LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_4.jpg
(参加者とリンゴ収穫を行う、長野市芋井支所長補佐の中澤さん)

(Eさん)
みんなで植えて、草取りをして、面倒をみてきた野菜を、その日に収穫して料理して味わうことができて、土のエネルギーをもらうことができました。お餅つきは、久しぶりに実施できて、「よいしょ!よいしょ!」のかけ声が、コロナ禍であっても、みんなの体験活動だな、と感じました。また、山口さんちのリンゴは、蜜がたっぷり、愛情を込めて育てていらっしゃることが分かりました。

00LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_109.jpg
(餅つきの見本を見せる林さん)

(Fさん)
・文字絵リンゴ…結果は残念(ぼんやりとリンゴに浮き出てる感じ)だったけど、収穫までの間、どうなるか待つ時間がワクワクして楽しかった!
・お餅つき…上手くペッタンペッタンできてうれしかった。お餅もおいしかった!
・野菜を使った料理がお母さんの味…みたいな温かさを感じました。自分も家で作り子どもたちに食べてもらいたいな…と思いました。自分たちの畑で作り、自分たちで調理するという場面を経験できてうれしかったです。ありがとうございました!

00LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_53.jpg
(運営スタッフでシニア代表の谷川さん、気合を入れた餅つき)

(Gさん)
学校のPTA作業があり、遅刻をしての参加となったため、楽しみにしていたリンゴの収穫には参加できずに残念でした。
収穫祭のお料理のおいしかったこと!北原先生に何品か作り方を教えていただき、早速作ってみました。野菜はいつもワンパターンな調理方法になりがちでしたが、レパートリーが増えました。先生のレシピ集を作っていただきたいくらいです!

00LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_107.jpg
(リンゴの仕分けは、選果場のようでした)

(Hさん親子)
・お餅をたくさんつけて楽しかった。お料理、全部おいしかったです。(小1娘)
・収穫祭の、カレーとリンゴのぎょうざ(?)がとてもおいしかった。(小3息子)
・つきたてのお餅が最高でした。とれたて野菜のお料理は野菜の味が濃く、どれもおいしくいただきました。品数が多くて、全種類食べられなかったのが残念でした。おいしいお料理ありがとうございました。
・文字絵リンゴはマジックの線が細かったため、はっきり絵が浮き出ませんでしたが、味も大きさも(赤い)色づきも最高でした。
・(11/20の)援農ボランティア、息子が張り切っていました。たくさんリンゴが収穫できて、とても楽しかったそうです。雨に降られて作業が中止になってしまい残念でした。農作業はお天気に左右され、思い通りにならないもので、農家の方の苦労の一端を知る機会になりました。

(Iさん)
とても楽しくおいしい時間をありがとうございました。息子はお餅つきが大好きで、実施すると分かってから、とても楽しみにしていました。そして、(お餅つきをして)とても楽しかったと言っていました。お料理、どれもこれもみんなおいしくて、感激しました!ありがとうございました。

00IMG_2282.JPG
(朝、ネギを収穫する参加者ら)

(Jさん)
朝、収穫し、調理をしてたくさんの料理が並びました。こういう料理は食べないかな〜、と勝手に子どもの好みを決めてしまっていましたが、パクパク食べる姿にビックリしました。私も、(記憶があるとこでは)杵と臼を使って、蒸かした餅米を潰すところからの餅付きは初めてじゃないかな。子どもよりも楽しんじゃいました。


次回もお楽しみに!
posted by 西沢 at 17:06| Comment(0) | 参加者レビュー

2022年11月21日

2022年度 第14回活動報告

▼11月19日(土)の概要
・参加人数:大人31人・子ども21人(合計52人)
・内容:リンゴ(フジ)収穫、畑の片付け、和田農園のシート片付け、お餅つき、大収穫祭
01IMG_2296.JPG
(山口農園さんのリンゴ木を背景に、山口さん・白石さんと一緒に記念撮影)
食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は19日、フジのリンゴ収穫と、畑の片付け、大収穫祭と銘打って、お餅つきをおこなったり、収穫したたくさんの野菜を調理して味わいました。リンゴ収穫は、天空のリンゴの木の他に、圃場隣の山口さんの木でも収穫をさせていただき、周辺地域の皆さんとの交流を深める機会にしました。

▼山口さんのリンゴへの愛情を参加者へ
02IMG_2286.JPG
(リンゴを植えた時のお話をされる山口さん)
天空の里 いもい農場のリンゴの木は、シナノスイート2本、フジ2本を和田さんからお借りして栽培しています。今年初めて、長野市安茂里地区で子ども食堂(あもはぐ)を運営する白石さんつながりで、私たちの畑の隣に位置する山口さんが栽培するリンゴの木の一部を、体験と交流の場としていもい農場に提供いただきました。温かいお人柄の山口さんは御年88歳、リンゴの木を植えた時のお話や、収穫の仕方を参加者に教えてくださり、参加者と交流をしました。

▼究極の地産地消料理を味わいたい!準備をみんなで!
03IMG_2285.JPG
(事前収穫を行う参加者ら)
8:00集合の先発隊が、長ネギ、カブやコマツナ・チンゲンサイ、ハクサイにダイコンを収穫し、料理で使う野菜を収穫しました。ネギは、参加者だけにお任せ。コマツナ・チンゲンサイは、運営スタッフでユースリーチの宝谷さんにお任せ。それぞれ自発的に収穫対応を行い、思い思いに収穫を楽しむ機会になりました。

04LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_122.jpg
(調理室で料理の手伝いをする子どもたち)
05LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_119.jpg
(リンゴの剥き方を子どもに教える運営スタッフでユースリーチの沼波さん)
収穫した野菜は、料理教室の担任の北原先生を中心に、調理室で料理へと変貌を遂げました。コロナ対策で調理室の入室人数を制限しながらの調理でしたが、4世代が力を合わせて料理を行うステキな空間になりました。

06LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_36.jpg
(餅つきのやり方を子どもたちに教える林さんと、息を合わせる山崎さん)
07LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_30.jpg
(子ども用の杵で持ちをつく子ども)
田んぼの管理でお世話になった林農園の林さんのご厚意で、餅つきを実施しました。お餅つきは2018年以来4年ぶりとなり、参加者も杵を手に「よいしょ!よいしょ!」と餅つきを行いました。

▼ほとんどがとれたて!地元産!天空料理を思いっきり味わいました
08LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_97.jpg
(料理)
09LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_98.jpg
(カレー)
10LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221119_99.jpg
(おもち)
コロナ禍で飲食の企画を見送ってきた中でしたが、長野県の新型コロナウイルス感染症対策に沿って、手指消毒と黙食の徹底を図ることで、慎重に飲食の企画を実施しました。収穫祭としてたくさんの料理が机を豊かに彩り、たくさん、味わいました。来賓で長野市芋井支所長補佐(長野市きらめき隊)の中澤様にもお越しいただきました。

【収穫祭メニュー】
・お餅(もち米は林農園産、キムチ、あんこ、胡麻の3種類を用意)
・いもい農場カレー(お米・ジャガイモはいもい農場産、玉ねぎはJAながの芹田支所からの寄贈)
・ダイコン酢漬け
・ダイコン塩昆布和え
・ダイコンサラダ
・聖護院ダイコンの煮物
・フジリンゴのバター包み焼き
・ハクサイのトロトロ煮
・ハクサイの塩昆布和え
・長ネギのぬた
・コマツナのナムル
・サツマイモ金時

▼援農ボランティアを実施
翌20日、日頃お世話になっている和田農園のリンゴの収穫のお手伝いを行い、大人12人・子ども4人(合計16人)の参加がありました。畑から市街地を見下ろすと雨が迫っていて、天気は下り坂。その中でもリンゴ収穫を終えないといけないので、雨雲レーダーとにらみ合いっこしながら、「あと15分は天気がもつ!」「30分後に雨が止む!」など、空を眺めながらの作業となりました。
11LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221120_0.jpg
(始まりの会で挨拶をされる山室さん(左から3人目))
今回の活動に、学びの拠点fourth Placeのスタッフさんと長野県NPOセンターの山室理事長が駆けつけていただき、一緒にリンゴの収穫を行いました。お忙しい中、お越しくださり、本当に助かりました。
12LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221120_1.jpg
(雨の中リンゴ収穫を行う参加者ら)
13LINE_ALBUM_22.11.19収穫祭_221120_3.jpg
(雨宿りをする参加者ら)
2020年に長野県みらい基金のクラウドファンディングで建設した、雨よけも想定した備品小屋ですが、今回初めてその機能を発揮しました。雨が本降りとなってしまったことで、この日の作業は中断。雨天順延としました。

▼野菜を寄贈しました
14IMG_1824.JPEG
(ホワイトナッツの本田さん(右)と寄贈をした野菜)
19日、毎年恒例となった精神保健福祉ボランティア「ホワイトナッツ」さんへ、いもい農場で収穫した野菜を寄贈しました。野菜たちは、11/27に開催する「どこよりも早い忘年会」で活用いただくとのことです。

▼次回は、12/3(土)山楽会プレゼンツ「クリスマスクラフト」・芋井社会会館大掃除・閉講式です。お楽しみに!
posted by 西沢 at 23:03| Comment(0) | 【活動報告】食農体験

2022年11月13日

「2022年度第13回活動レビュー」参加いただいたみなさんとともに!

00_IMG_2896.JPG
(晴天の青空のもと、農作業を行う参加者ら)
長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、11月5日に開催した活動で参加者から感想をお寄せいただきました。参加者の声を主役に、どのような活動が開催したのかを紹介するコーナーとして、「参加いただいたみなさんとともに!」をお届けします。ぜひご覧ください。

00_IMG_3517.JPG
(焼き芋を食す!)

(Aさん)
畑に登る坂道の往復にめげそうになりましたが、おいしい焼き芋、おネギ、焼きマシュマロを食べるたびに復活できました。自然の恵みにバンザイ!

00_IMG_2841.JPG
(順調に着火した火でしたが、その後、芋を入れすぎて猛烈に火力が必要になり、枯葉をジャンジャン投入しました。)

(Bさん)
まさに青空レストランでした!おいしくて、素敵な体験、ありがとうございます!

00_IMG_2933.JPG
(畑から斜面を下り、ハクサイを運び出す参加者ら)

(Cさん)
1カ月ぶりに参加し、ハクサイなど野菜が立派に成長しているのを見て 改めてスタッフさんの事前準備に感謝申し上げます。
今回は息子とも楽しみにしていたのが 焼き芋、焼きネギ、焼きマシュマロ体験です。ここでしか食べることができない「焼きネギ」が本当においしく、この時期ならでは経験だと思ってます。
火が怖くて(熱すぎて)近寄れない息子が 今年はマシュマロを独占して食べたい気持ちが強かったからか 自分自身で焼こうと挑戦したのは嬉しかったです。途中で断念し 最終的には私が焼いてしまいましたが、息子には来年リベンジしてもらいたいです。

00_IMG_3495.JPG
(長ネギを収穫する子ども)

(Dさん)
長ネギが苦手な上の娘ですが、「自分で収穫した長ネギだから食べてみる!」と、焼きネギを食べました。「甘くておいしい!!」と、(2本目の)おかわりをしていました。火をおこして何かをやる事が、キャンプ場以外では、なかなかできない最近です。拾ってきた落ち葉や薪をくべる体験もとてもありがたいです。

00_IMG_3522.JPG
(長ネギを食べる運営スタッフのJr.の滝澤さんと焼き芋を手にしながら我が子を見つめる滝澤さん)

(Eさん)
本当に楽しくおいしい時間でした。ありがとうございました。息子は相変わらずネギ嫌いなんですが、毎年、芋井の焼きネギだけは食べられます。

00_IMG_1976.JPG
(二十歳から五歳までの、お芋女子会)

(Fさん)
初めての焼きネギ、甘くてトロトロしておいしかったです。家でもやってみよう!ということになり、アルミホイルに包んでグリルで焼いてみました。おいしくできましたが、やっぱり芋井で食べたものの方が「おいしかった〜」という感想でした。収穫したての野菜を焚き火での調理で、自然の中でいただくのは、やはりひと味もふた味も違うことを子どもたちも感じたようです。

次回もお楽しみに!
posted by 西沢 at 18:57| Comment(0) | 参加者レビュー

2022年11月06日

2022年度 第13回活動報告

▼11月5日(土)の概要
・参加人数:大人34人・子ども23人(合計57人)
・内容:ハクサイ・ダイコン・長ネギ・落花生の収穫、焼き芋・焼きジャガイモ・焼きネギ・焼きマシュマロ・茹で落花生を畑で味わう活動

00_IMG_1975.JPG
(収穫した野菜たちを前に、記念撮影)
食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は5日、秋野菜の収穫に合わせて、北信州応援団さんの応援を得ながら「焼き芋・焼きネギ・焼きマシュマロ」を実施しました。秋晴れの中、畑で収穫したサツマイモと、とれたての焼きネギを味わう機会になりました。

▼活動準備から参加者とともに
新型コロナウイルス感染症対策で、グループ分けをして実施しているいもい農場の活動ですが、ダイコンかハクサイの収穫希望をとるのと同時に、事前準備も参加希望を取り、活動に組み込んで実施しました。

01_IMG_1971.JPG
(焼き芋準備で枯葉を畑に持ち込む参加者ら)

02_IMG_2831.JPG
(北信州応援団さんによる火起こし。丁寧な仕事が光りました)

03_IMG_3458.JPG
(茹で落花生にするには時間がかかるため、事前収穫)

04_IMG_3468.JPG
(サツマイモを洗う参加者ら。夏に収穫したジャガイモも一緒に準備)

05_IMG_2866.JPG
(焼きネギ準備で事前収穫する参加者ら。本数を数えながら収穫)

▼とれたてを、畑で食す贅沢な時間を過ごしました
今日の天気は、最高の青空。そのもとで、農場レストランが開店しました。今回のメニューは、「焼き芋・焼きジャガイモ・焼きネギ・焼きマシュマロ・茹で落花生」。お客さんの参加者らは、畑に腰を掛け、思い思いに畑の恵みたちを味わっていました。火の勢いが少なくなれば、みんなで落ち葉を拾い集めに行き、再点火。参加者を巻き込んだ運営で、みんなで同じ時間を過ごしました。

06_IMG_1979.JPG
(トロトロのサツマイモ)

07_IMG_3652.JPG
(吸いながら食べるトロトロの長ネギと、その様子を見る地域まるごとキャンパスの学生)

09_IMG_3536.JPG
(つまみに最高の、とれたて茹で落花生)

08_IMG_2961.JPG
(焦がさず、マシュマロの様子を見ながら焼く参加者ら)

▼大収穫に喜ぶ半面、課題も・・・
今年の長ネギは、過去最高の出来栄え。中間管理の草取りと土寄せを一生懸命実施した成果でした。一方で、ダイコンは種まき後の雨の無さが影響してか、散発的にしか発芽がしませんでした。そのため、蒔き直しを行い、そのタイムラグで小ぶりなダイコンとなりました。また、ハクサイも定着できず、植えなおしを行ったため、結球が思うようにしませんでした。2週に一度の管理の難しさを感じる、今年の秋野菜の栽培となりました。

▼次回は、11/19(土)リンゴ(フジ)収穫、畑の片付け、大収穫祭です。お楽しみに!
posted by 西沢 at 20:21| Comment(0) | 【活動報告】食農体験

2022年11月02日

地域づくり出会いのひろば お見合い大パーティーに参加しました

S__10362910.jpg
(ブースを訪れた学生に活動紹介を行う、運営スタッフの谷川さんと北原さん(2日))
天空の里 いもい農場は1日と2日の両日、長野県長寿社会開発センター長野支部(長野県シニア大学長野学部)主催の地域づくり出会いのひろばに参加をし、「何かをしたい」と考えているシニア大学の学生さんに活動紹介を行い、シニアの参加を呼びかけました。

313482797_1812281349135353_7271940272789010093_n.jpg
(内山長寿社会開発センター理事長のインタビューに答えながら参加者全体に向けて参加目的を話す西沢(1日))

IMG_1959.JPG
(ブースで店番をする運営スタッフの山崎さん。PowerPoint資料も使いつつ説明(1日))

令和元年台風19号とコロナ禍により3年ぶりの開催となった出会いのひろばですが、コロナ対策で密になりにくよう、参加者が決められた時間で興味あるブースを回り、分散するように運営がされました。

天空の里 いもい農場は、5年前にシニア大学生を受け入れ、それ以来、シニアのできることやお知恵を頂戴しながら活動を組み立てています。1日に参加した西沢と山崎さんは、PowerPoint資料を使いながら活動紹介、2日に参加した谷川さんと北原さんはシニア大学のOBという立場も活かして、いもい農場の魅力を伝えていき、後輩が活動に加わってもらえるよう、熱心に活動紹介を行いました。

IMG_1962.JPG
(旗揚げアンケートで札を上げる参加者(1日))
参加者らは、時間内、ブースを周ったのち、会の最後に旗揚げアンケートで、参加レビューの共有がありました。出会いがあった人(赤)、迷っている人(青)、出会いがなかった人(緑)、その他(白)で上げてもらい、上げた理由について共有するというもので、両日、多くの方が私たちの活動に興味を持っていただけた様子でした。

今回の出展団体は16があり、それぞれが楽しい、魅力的な活動をされています。シニア大学生との出会いだけでなく、今後の活動でご一緒したい団体との出会いもあり、私たちにも出会いのある場となりました。
posted by 西沢 at 23:38| Comment(0) | イベント参加報告