CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年08月23日

秋野菜の種付けをして、バーベキュー、スイカ割り、それにかき氷を堪能しました

 収穫祭から3週間。猛暑日の連続で35.7℃の猛烈な暑さだった前回とは打って変わって、過ごしやすい陽気に。今回は白菜、大根という秋野菜の種付けです。



 まずは白菜のマルチを2畝敷きます。大人と子どもたちが協力して作業に参加。水をたっぷり染み込ませて種付けをします。



 浮き上がらないように注意して、乾燥防止にもみがらを根元に撒きます。次は大根。こちらは1畝マルチを敷きます。



 ここで、社会会館に戻って、バーベキューの準備をする組と、畑の草草刈りに残る若干のメンバーに分かれます。準備に手間がかかるので、急がなくちゃ!



 火を起こしている間に、調理室では収穫したズッキーニ、ピーマン、カボチャなど野菜メインのべーべキューの食材とミニトマトを準備。



 もちろん、野菜が主役とは言っても、お肉がないと。山崎精肉店のものを持ち込んで、火が起きたところで早速焼きます。



 朝から焚いていたご飯を持ち込み、さぁ、みんなで頂きます!子どもたちにカメラを向けると互いに合図してピースサインをしてくれます。嬉しいなぁ。



 メンバーさんはニガウリや、子ども用にウィンナーの用意まで。スタッフの気の回らないところをサポートしてくれて感謝感謝です。



 食後は、畑で獲れたスイカで、さっそくスイカ割り大会。ありきたりなんだけど、夏の定番ですねぇ。子どもたちは、もうノリノリ。



 畑のスイカとスタッフ持ち込みのスイカの食べ比べ。今年は暑かったおかげで、甘いです!半分に切った事務局も思わずドヤ顔(笑)。



 最後はかき氷。午後になって気温も上がってきたので、食べるにはちょうどいい感じに。氷にスタッフ持ち込みの自家製ジャムやシロップをつけて頂きます。



 収穫祭同様かなり盛りだくさんの企画でしたが、参加者の皆さんのご協力で、無事終了しました。本当にありがとうございました。

2015年08月02日

ジャガイモ収穫したい(隊)、大勢の参加を頂き、無事終了しました

 いよいよ、夏の収穫祭、「ジャガイモ収穫したい(隊)」の日がやってきました。1日は、全国各地で記録的暑さを記録し、長野市も猛暑日。
 
 暑さ対策のお願いはしているものの、予定していた草刈りは中止。すぐジャガイモ収穫に変更します。



 今回は公募企画だったので、普段の倍以上の6家族が参加、子どもさんも13人いて実に賑やか。スタッフやお父さんたちがスコップを入れ、子どもたちがジャガイモをどんどん収穫していきます。

 収穫しながら、休憩、水分補給。かなり暑いので、ミニトマト、ナス、ズッキーニの収穫の収穫を早めに済ませ、子どもたち全員が集まって、はい、ポーズ!



 ここでカレー作りをするお母さんと子どもたちは、社会会館に。収穫した夏野菜をたっぷり使ったカレーを作ります。

 畑に残るチームは、秋野菜の作付けを準備するために、収穫した畑を耕運。この炎天下、本当にご苦労様です。



 さすがにこの暑さ。社会会館に戻ってから、お母さんは子どもたちを着替えさせ、しばらく休憩して、調理室に集まります。

 お母さんたちはジャガイモの皮むき、子どもたちは、ミニトマトやパプリカを切ったり、お手伝い。



 カレーが出来上がる頃には、畑組も戻ってきていて、子どもたちはもう待ちきれない感じ。

 いつもの通り、全員で「頂きます!」をして、いもいの野菜たっぷりのカレーを頂きます。美味しい!ミニトマトも甘ーい。



 畑をお借りしている地主の和田さんが12時過ぎに到着され、さっそく、ご挨拶を頂きます。

 「ここに来る前に収穫したジャガイモを見せて貰いました。作物は正直。やった通りの結果しか出てこないんです」



 「収穫物を目にした時の喜びは、作った人にしかわからない。作物を見ながら、自分たちの苦労や、食の安全などに想いを馳せていただくと嬉しい」

 「皆さんが畑で体験をし、苦労をし、成長をしていただきたい。それを楽しみにしています」



 正直、和田さんが来るのは難しいんじゃないかって思っていたので、大勢の参加者の前でお話を頂けたのは、本当に良かったなぁ、感じました。
 
 参加メンバーさんも、頷きながら話を聞いていて、いもい農場を理解するいい機会になったんじゃないかと思います。



 和田さんの挨拶が終わってすぐに、畑で収穫したスイカが登場。小ぶりのスイカですが、これが甘い。(書いているクロが)いもいに参加して4年目になりますが、今までで最高。

 甘いスイカは出来ないんじゃないかって、今までの経験から思ってだけにもうビックリ。



 片づけを終えて、下の写真が、本日のお土産。

 ジャガイモは男爵とキタアカリの2種類、ズッキーニ、ミニトマト、それにインゲンを用意しました。

 お土産を持った参加者さんをスタッフで見送って、「ジャガイモ収穫したい(隊)」は散会となりました。



 参加者アンケートには、親子で楽しめました。また参加したい。(いつもと比べて)たくさんの家族が参加してくれて楽しかった。
 
 子どもたちがたくさんいて楽しく遊べていたのが良かった。暑かったけど、カレーは美味しかったし、野菜もたくさん採れた・・・などの嬉しい感想が。



 スタッフとしては、これだけの暑さだったので、事故がなくて本当に良かった・・・とホッとしています。

 次回は、秋野菜の作付けと、(豚肉はあるけど)収穫した野菜をメインにしたバーベキュー。残りあと6回。下半期も楽しく進めていきたいと思ってます。



 アンケートでは、「わが家のジャガイモレシピ」を寄せていただきました。ここで紹介させて頂きます。

★ジャガイモピザ

 ジャガイモを薄くスライスして、ピザ生地の代わりにする。アルミホイルに油を塗って、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマンなどを乗せて塩、こしょうを降る。



 ピザソースをかけて、上からピザチーズをのせて、トースターやオーブンで焼く。

★ジャガバターほか

 やっぱり蒸して、バターを載せてジャガバターが一番!ジャガイモと玉ねぎ、ベーコンを炒めて塩こしょうで。



 新ジャガの手作りコロッケ!いつもよりたくさん食べられちゃう。

★ジャガイモチヂミ

 ジャガイモ(2コくらい)をすりおろして、片栗粉(大さじ2くらい)と塩を混ぜる。



 フライパンに油をしいて、スプーンで落として焼く。

★お好み焼き

 マヨネーズ、青のり、チーズをかけてオーブンでチンが娘の大好物。



★茹でてサラダに

 フツーに茹でて、マカロニと玉ねぎを合わせて、マヨネーズ、しお、コショウで味付け。

 で、サラダで食べます。



★炒める

 短冊切りしたジャガイモを油で炒め、ケチャップ、ソース、塩、こしょうで味付けする。

 あまり火を通し過ぎず、シャキシャキ感を残すとおいしいです。



 長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。、これからも、天空の里いもい農場をよろしくお願いします。