• もっと見る

2023年11月25日

10th Anniversary 2023 第14回参加者レビュー「参加者とともに」

天空の里 いもい農場は、毎回、活動終了後に、参加者の皆さんから感想をお寄せいただいています。その声は、活動がどのような場だったのかを可視化する、いわゆる宣伝部長!普段は高齢者がほとんどの静かな集落ですが、そのフィールドから生まれるさまざまな声を、ぜひご覧ください。
00IMG_0612.jpg
(ガランとした畑)

▼Aさん
何十年と続いてきた大事なリンゴの木を私たち素人に触らせてくださる、農家の方(山口さん)の懐の深さに感謝して収穫させていただきました。リンゴを帰ってから食べましたが、味も食感も最高でした。ありがとうございました!
収穫祭ではたくさんの種類の料理にびっくりしました。どれも味わい深くたくさんご馳走になりました。
学生の皆さんが小さい子どもと仲良くしてくださる姿が微笑ましかったです。

00IMG_0641.jpg
(山口さん(中央右の後姿)のお話を真剣に聞く参加者ら)

▼Bさん
初めてのリンゴ狩り。山口計さんの簡単そうにリンゴを取る姿を見てから自分でやってみると、軸を残して取る難しさが分かりました。
お料理もどれもおいしくて、たくさんいただいてしまいました。サツマイモパインやあずきバーのお赤飯は子どもも「おいしい!」とパクパク食べていました!

00IMG_0685.jpg

▼Cさん
・朝イチで畑に残っていた野菜(ハクサイ、聖護院ダイコン、コマツナ、チンゲンサイ)の収穫をしました。3カ月前は小さな種や小さな苗だったのが、4キロ近い立派なハクサイや大きなカブに成長していて、自然の力の偉大さを感じました。(プランターではこんな風に育たないので、やっぱり土が良いんですよね!)
・リンゴの収穫では、摘果が甘かったので、農家の方が育てたりんごより小ぶりなリンゴになったとお話がありました。今年は花摘みや摘果作業も少し体験させていただきましたが、せっかく咲いた花や実った実を摘むのはしのびなく、厳選して実を残す事が難しかったです。お店で売られている大きなリンゴは、相当の花摘み・摘果をして、厳選された実があの大きさに育っているんだなぁと勉強になりました。
・収穫祭のお料理、どれもおいしくいただきました。子どもたちには生のダイコン(浅漬けなど)の辛さが大人の味で苦手だったようです。あずきバーと炊いた御赤飯がもちもちして甘く、何度もおかわりしていました。いつもおいしいお料理を、ありがとうございます。


▼Dさん
いつもおいしい料理をありがとうございます

00IMG_0727.JPG

▼Eさん
娘は初めてのりんご狩りでしたが、コツを掴むと上手に収穫できました。フルーツ大好きなので、下に落ちているキレイなリンゴがないかと懸命に探していました。
あずきバーのお赤飯とてもおいしくいただきました! あずきバーだけで手軽にお赤飯が作れるなんてすごいです。
サツマイモパインもすごくおいしかったです。今度、家でも作ってみようと思います。

00IMG_0743.jpg
(みんなで手をあわせて「いただきます!」)

▼Fさん
畑の収穫も最後となり、余白たっぷりの畑を見て、なんだか淋しく感じましたが、今年もありがとうございました!「たくさんおいしい野菜をありがとう」の気持ちを込められた収穫ができたと思います。
あずきバーお赤飯、おいしかった。聖護院ダイコンの煮物、トロトロで最高でした。採れたて、作りたてはやっぱり最高です!


▼Gさん
トイレ、床、備品置場の清掃、片付けは、一般参加者の皆さんが積極的に取り組んで下さり、とてもありがたかったです。大人だけでなく、子どもたちも出来ることを、一生懸命やってくれました。

00IMG_5377.JPG
(トイレ掃除をする参加者)

▼Hさん
4歳の娘が、いもい農場で作ってくれたご飯が気に入ったようで、『月曜の保育園のお弁当、このご飯にする️作る️』と言って、翌日にあずきバーを買い、夜に作ることになりました。娘は土鍋を選び、お米を洗って、水と砕いたあずきバーを入れて火にかけ、作ってみました。今朝、お弁当にお焦げも入れて️と、そのご飯をつめて登園しました。娘のやってみたい️の原動力を作ってくださり、ありがとうございました。
DSC_1220~2.JPG
(Hさん作成のお赤飯)※Hさんから写真を頂戴しました


▼Iさん
家族みんなでインフルエンザにかかってしまい欠席でした。とてもとても残念でした。参加された方のレビューをみて、来年の楽しみにします!


★地域まるごとキャンパスの学生から
▼Jさん
配りきれないほどのりんごの量ってすごいなと思いました🤭まさに大収穫祭
70人もの参加者の皆さんが、一堂に会館の中で座ってご飯を食べている様子や、たっくさんのお料理を配る県大生のお姉さんの姿や参加者の皆さんの集まる様子を見て、出られなかったので羨ましさを感じました(*´-`)
感想の欄には、最後で寂しい、お家で持ち帰った野菜を子どもたちもモリモリ食べている微笑ましいエピソードなどがあって、いもい農場のある意義が果たされているような気がしてすごいなぁと思いました…きらきら
ラスト一回、私も次回は全力でお手伝いをし、全力で皆さんと楽しめるように頑張ろうと思います!!


▼Kさん
参加者がたくさんいて、とても賑わったんだろうなと思いました。
私の地域でも、地区レクという多世代交流の場が年に一度ありますが、同じ地域に住んでいるのではない人たちが集まって、収穫したものをみんなで食べる機会は貴重なんだろうなと思いました。

00IMG_0622.jpg
(最後の収穫を終え、畑をあとにする参加者ら)


次回の参加者レビューもお楽しみ!
posted by 西沢 at 21:44| Comment(0) | 参加者レビュー